全国5万人が受講している「サイタ」

カラーコーディネーター1級講座(検定試験対策)

カラーコーディネーター1級講座(検定試験対策)を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

資格取得講座カラーコーディネーター講座カラーコーディネーター1級愛知 東商カラーコーディネーター1級講座 スクールブログ 色いろいろ化学

色いろいろ化学

私は、学生時代 化学を専攻していました。
今だ 化学が好きで、かかさず何かしら本を読んでいます。
色を化学物質で 表しますと・・・

例えば 花の色は、カロテン類 フラボン類 アントシアニン類 など
      有機化合物の色素から なります。

また 液晶テレビは、赤 = ユウロピウム 青=セリウム
             緑 = テルビウム
     無機化合物の発光強度で いろいろな色を生み出します。

    夏の花火は、赤 = ストロンチウム  青 = 銅
            黄 = ナトリウム  緑 = バリウム
   といった具合です。

人のお肌の色は、カロテン メラニン ヘモグロビンの量により 決定します。

お化粧のファンデーションは、白 酸化チタン
           赤 赤酸化鉄  黄 黄酸化鉄  黒 黒酸化鉄 を配合しています。

どこかで 聞かれたことがある名前の物が、多いのでは、ないでしょうか?

また香り 例えば 香水は、揮発性有機化合物で、動物性香料、植物性香料が、あるようです。

人の感覚的なところを、化学で ・・・とか

いろんなものを 違った見方で、見ると 面白い発見が、ありますよ! 

 

(2013年10月6日(日) 0:38)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

パーソナルカラーアナリストのゴールド称号取得。美容院でカラー診断も

東商カラーコーディネーター1級講座
一楽俊哉 (カラーコーディネーター1級)

名古屋・金山・刈谷・神宮前・豊田市・赤池・栄・久屋大通・丸の内・原・国際センター

ブログ記事 ページ先頭へ