音楽教室クラリネット教室東京 おしおクラリネット教室 レッスンノート

おしおクラリネット教室レッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

ロングトーン
今日は前半は、ロングトーンとレジスターキーのロングトーンの基礎を行いました! ロングトーン、ただ音をのばすだけと思いがちですが、注意次第で格段に音が変わっていきます。 まず息を吸う、...
クレッシェンドとデクレッシェンド
誰しもに言えることですが、クレッシェンドするときはどうしてもクレッシェンドすると同時に口の中の息が横に広がりやすいです。(クレッシェンドすると同時にポコッと頬に空気が入ってしまう人は要注意です!...
連符の練習方法
早い連符などはやみくもに練習するより、リズムを変えていろいろなパターンで練習するのが連符マスターの近道です。 最初の音に符点をつけてみたり、三連符にしてみたり、スタッカートで吹いてみたり、、 ...
高い音の立ち上がり
ppで高い音を吹くときに、音の出だし下の倍音が入りやすくなるときがありますが、(特にクラリオン音域のソから上の音)口の中の形が「お」になっていると下の倍音が入りやすいです。 口の中の形は「い」...
音と音のつながり
ロングトーンではどの音も8拍以上のびるようになっていましたし、ひとつひとつの音色も響きが増してとても良くなったとおもいます! 真ん中のラの指からシに行くときに運指(指の形)の都合上どうして...
フレーズの感じ方
前回から始めたクレッシェンドとデクレッシェンドのロングトーンですが、音の幅が広がってとっても良くなりましたね! 途中の息もれも減ってきたように感じます。 高い音になるにつれて、デクレッシェン...
息もれのなおしかた
左右の唇の力に差があったり、口が疲れてアンブシュアが緩みすぎていると、息もれの原因になります。 ppの時に息もれしやすいのか、ffで息を吹き込むときにしやすいのか、低音と高音ならどっちが息...
タンギングの時
タンギングをするときに舌がリードに触れると同時に顎や口が動きやすく、そうなると音がうわずったり、音程が変わったり安定しなくなります。 タンギングの時も基本は音はまっすぐ、その中で舌だけリードに...
高音から低い音の跳躍
基礎練習、ロングトーン、レジスターキーロングトーン、タンギング 前回に比べて、音色が豊かになり高音も問題なく出るようになりましたね! 最後に練習した2重奏のなかで、高いラの音から真ん...
基礎練習のしかた
基礎練習のしかたを一緒に行いました。 ロングトーン(8拍ずつ、最低音のミから半音ずつ上のドまで) レジスターキーのロングトーン(一つの音4拍ずつ、計8拍手、半音ずつ) タンギン...

おしおクラリネット教室のレッスンノート ・・・計13件

おしおクラリネット教室 ページ先頭へ