音楽教室クラリネット教室東京 おしおクラリネット教室 レッスンノート

おしおクラリネット教室レッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

お腹の力
今日は基礎と崖の上のポニョをレッスンしました。 ロングトーンの時も曲を演奏するうえでも、息を吐きつづける時の安定したお腹の力がとても重要です。 その力がないと音程がぶら下がったり、芯...
タンギングのコツ
今日はスケールとオーディションの曲をレッスンしました。 さて、クラリネットの演奏をするうえで「タンギング」はとても重要です。 タンギングは舌の先端がリードの先端に触れることで音と音が...
指や体の使い方
楽器に触れること自体2回目ということでしたので、楽器の組み立てから一緒にやりました。 下のドの音から、最低音のミまでと、下のドから真ん中のラまで音が出ましたね!初めてで最低音まで出すのはな...
楽器の角度
楽器の角度は演奏するうえでとても重要です! 楽器が体に近すぎて低く構えているとリードが唇に押しつけられた状態になってしまい、音の発音がしにくかったり、また息の流れが角度的に滞りやすく安定し...
崖の上のポニョ
今日は崖の上のポニョを中心におこないました! 4小節目や、6小節目に出てくるラの音からシやドを押すとき、どうしても運指的に難しくそこだけテンポから遅れやすいので注意が必要です。(どの曲でも...
ブレス
ブレスの吸い方は、響きの良い音を出すためにもとても重要です! ブレス一つで、音が180度変わることもあります。 大事なことは、ブレスを吸う前に必ず自分の中にある余分な空気を吐きだしてから...
目線や姿勢
基礎練習をしているときなど、目線が下にいきがちだと、知らず知らずのうちに姿勢も前かがみになってしまって、結果的に音の響きが乏しくなったり、音が前に飛んでいかないなどの原因になりやすいです。 ...
息のスピード
今日は、ロングトーン、レジスターのロングトーン、タンギングなどの基礎の後、教本のduoと、最後に学校の課題であるロード・オブ・ザ・リングを少し練習しました! ロングトーンでは、普通にまっす...
音がひっくり返すらない方法
今日はロングトーンとタンギング(Aシの音)の基礎を中心に残りの時間で崖の上のポニョの続きをしました! ロングトーンはどの音もよく楽器がなるようになってきましたね。 息をすうまえに、しっか...
音作りの為の基礎練習
基礎練習はより良い音色作りの為にとても重要ですので毎日の練習で、曲の前に是非やっていただけたらと思います! ロングトーン(Tempo60) 最低音からうえのB♭まで。8拍吹いて4拍休む。...

おしおクラリネット教室のレッスンノート ・・・計26件

おしおクラリネット教室 ページ先頭へ