音楽教室クラリネット教室埼玉 クラリネット教室 レッスンノート

クラリネット教室レッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

高い音を出すときリードミスがしてしまうとき 上唇をくわえすぎない。 下唇を少し硬くした状態、横に引き、下に少し下げることをしてみてください。 また、親指を少し自分の方に押し上げてみてく...
下唇に注意してみてください
マウスピースを加えるとき 下の歯に直接リードを当ててはいけません。 少し下唇を下の歯の上に被せてくわえてください。 また顔は下むきになってませんか? あまり顔が下向きになっていると、...
息を吸う場所、吸い方
息を吸うとき 先に音楽が続いているときは息を吸うことで音楽を止めてしまうのではなく、息を吸った後の音楽を考えながらブレスをとってみてください。 また、チャルダッシュでは息を吸う場所を少し...
リードの選び方
リードの選び方 結構パワーがある方だと思うので、よければ3半のリードを試してみるといいかもしれません。 また、リードをしっかり振動させるため少しだけ下の唇を両横、下に引くといいとおもいます。...
3つの大事なこと
音がとても良くなって来ましたね! きっと自分が出したい音が少し定まって来たのかもしれません。 いい音のイメージを持つこと、とても大事なことです。 また、指をしっかり動かし、息を沢山入れるこ...
イメージすることの大切さ
音を出す時、頭の中に良い音のイメージ、自分の出したい音のイメージはありますか? まずは理想の音を思い浮かべて下さい。 次に、指、音を思い浮かべながら指を動かして見ましょう。 そ...
まずは基礎
基礎練と曲の苦手な部分をやりました。 曲は大体基礎の積み重ねから出来てます。 なので、基礎練習はしっかりやりましょう。 ゆっくりからで良いので自分の音をよく聞きがらおこなってください。...
ソロコンに向けて
音を出すこと 音階練習、指ならしのための練習、どちらもしっかりと音を出したうえで、出来ないところは重点的に、音が震えていたらその音をしっかりロングトーンしてどの位の息の量、スピードを楽器に入れ...
口の形も吹き方にも正解はありません
アンブシュア 基本的に唇の厚さも歯の形も人それぞれです。 その中でこうでなくてはいけないと言うのはありません。 下顎を出したいようでしたら、前歯上下の先端をカチカチとしてみてください。本当...
口の中と親指
お疲れ様でした(^^) まず、顔が下向きに、楽器に顔を近づけていたので、楽器を顔に近づけるよう練習しましょう。 前を向いて練習しましょう、指がきになるときは全身が見える鏡を見て練習すると...

クラリネット教室のレッスンノート ・・・計13件

クラリネット教室 ページ先頭へ

クラリネット情報

サイタのクラリネット講師がブログを通して、クラリネット情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

クラリネットの先生

@ClarinetCyta