音楽教室クラリネット教室埼玉 クラリネット教室 レッスンノート

クラリネット教室レッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

セッティング
セッティングにも気を配ってみてください。 リードをしっかり固定すること、リードの位置を適当ではなく、ちゃんと見定めてつけましょう。 また、好きな曲を吹いた時の息の入れ方を覚えておいてくだ...
口の固定
とてもいい音をお持ちでしたね。 高音が少し苦手としていたようなので、まずは口の固定をしましょう。 音が開いてしまうときは上唇を少し意識してみて下さい。 また、口でマウスピースを包み込む...
ゆっくり
指の動き 早いテンポでいきなりさらうのではなく、ゆっくりのテンポからさらいましょう。 地道な練習になりますが、少しずつやって見て下さい また、曲を演奏するときただただ吹くのではなく、どの...
指をしっかり動かそう
音階を吹くとき、曲を吹くとき、指をなんとなく動かさないように注意しましょう。 音と音の間に余計な音が入らないよう指をしっかり動かして下さい。 また、苦手な場所はそこだけピックアップして練習し...
親指の大切さ
楽器を吹くとき クラリネットを構えるとき、クラリネットに自分を合わせるのではなく、クラリネットを自分に合わせてください。 また、親指の支えはとても大切で、口と親指でしっかり支えてください...
ロングトーン
音階やエチュード曲を吹く時、まず息をしっかり入れましょう。 練習法として最初の音をロングトーンしてみましょう。 このときポイントとして音がブレないようまっすぐ8拍のばしてみましょう。 ...
ブレス
曲を吹くときにフレーズを意識してその上で息を吸うことはとても大事なことです。 フレーズの途中で息を吸ってしまうと音楽が止まってしまいます。 また、息がまだ体の中にあるのにどんどん息を吸ってし...
練習
練習の仕方として、ピアノ伴奏のある曲だと伴奏がどのような形で動いてるかな?と考え、そこにあった吹き方をしてみましょう。 また、連符は細かくみてみましょう。 苦手な動きのところは遅くなり、...
音をイメージして
よく音が出るようになりましたね(^ ^) 次はフレーズの一番初めの音をしっかりロングトーンしてみてください。 ブレてないかな? しっかり音がでたら次はフレーズを頭の中で鳴らしてみてください...
息を入れることがいかに大切か 自分の音の出したいイメージがしっかりある 指もできている だけど、うまく吹けない 理由は、息がしっかり楽器にはいっていないことが原因の1つとしてあげられ...

クラリネット教室のレッスンノート ・・・計31件

クラリネット教室 ページ先頭へ