音楽教室クラリネット教室埼玉 クラリネット教室 レッスンノート

クラリネット教室レッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

指をしっかり動かそう
音階を吹くとき、曲を吹くとき、指をなんとなく動かさないように注意しましょう。 音と音の間に余計な音が入らないよう指をしっかり動かして下さい。 また、苦手な場所はそこだけピックアップして練習し...
親指の大切さ
楽器を吹くとき クラリネットを構えるとき、クラリネットに自分を合わせるのではなく、クラリネットを自分に合わせてください。 また、親指の支えはとても大切で、口と親指でしっかり支えてください...
ロングトーン
音階やエチュード曲を吹く時、まず息をしっかり入れましょう。 練習法として最初の音をロングトーンしてみましょう。 このときポイントとして音がブレないようまっすぐ8拍のばしてみましょう。 ...
ブレス
曲を吹くときにフレーズを意識してその上で息を吸うことはとても大事なことです。 フレーズの途中で息を吸ってしまうと音楽が止まってしまいます。 また、息がまだ体の中にあるのにどんどん息を吸ってし...
練習
練習の仕方として、ピアノ伴奏のある曲だと伴奏がどのような形で動いてるかな?と考え、そこにあった吹き方をしてみましょう。 また、連符は細かくみてみましょう。 苦手な動きのところは遅くなり、...
音をイメージして
よく音が出るようになりましたね(^ ^) 次はフレーズの一番初めの音をしっかりロングトーンしてみてください。 ブレてないかな? しっかり音がでたら次はフレーズを頭の中で鳴らしてみてください...
息を入れることがいかに大切か 自分の音の出したいイメージがしっかりある 指もできている だけど、うまく吹けない 理由は、息がしっかり楽器にはいっていないことが原因の1つとしてあげられ...
まず覚えて欲しい3つの事
①音を出すときに必ずいい音のイメージ、出したい音、理想の音をイメージしてください。 イメージができたら次は頭にイメージを浮かべたまま、指を確認してください。 スムーズに出来るようゆっくり確認...
気をつけるポイント
◎息をまっすぐ入れましょう。 息をまっすぐ入れる、簡単なようで実はうまくできない人が多いです。 練習のポイントとしては、フレーズの一番最初の音をロングトーンしてみましょう。 ロングトーンが...
レジスターキー
低い音から高い音に移るときの接続をうまくいくようにするには、移るとき少しクレッシェンド気味に息を入れてみましょう。 ゆっくり確認しながら接続がスムーズか自分の耳でよく聞き、自分の呼吸でうまくい...

クラリネット教室のレッスンノート ・・・計28件

クラリネット教室 ページ先頭へ

クラリネット情報

サイタのクラリネット講師がブログを通して、クラリネット情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

クラリネットの先生

@ClarinetCyta