音楽教室クラリネット教室埼玉 クラリネット教室 レッスンノート

クラリネット教室レッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

まず覚えて欲しい3つの事
①音を出すときに必ずいい音のイメージ、出したい音、理想の音をイメージしてください。 イメージができたら次は頭にイメージを浮かべたまま、指を確認してください。 スムーズに出来るようゆっくり確認...
気をつけるポイント
◎息をまっすぐ入れましょう。 息をまっすぐ入れる、簡単なようで実はうまくできない人が多いです。 練習のポイントとしては、フレーズの一番最初の音をロングトーンしてみましょう。 ロングトーンが...
レジスターキー
低い音から高い音に移るときの接続をうまくいくようにするには、移るとき少しクレッシェンド気味に息を入れてみましょう。 ゆっくり確認しながら接続がスムーズか自分の耳でよく聞き、自分の呼吸でうまくい...
楽しく吹こう
自分が楽しむことはもちろん、聞く人の気持ちも考えてみよう(^^) 自分の音はどんな音に聞こえるかな? 自分が好きな音はもちろん、曲を吹いた時にどんなイメージを持ってもらえるかな? 曲に集中...
息を入れるために、息をしっかり吸うこと
①音階を吹くとき、練習曲を吹くとき、曲を吹くとき、どれも息を入れて音を出します。 息を入れるということは、息をしっかり吸うこと。 吹く前にたくさん息を吸ってから息を楽器に入れてみましょう。 ...
息をしっかり入れること
音階、エチュード、曲、どれもまずしっかり息を入れましょう。 息をしっかりいれるには、沢山息を吸う必要があります。 次までに、ブレスの位置を楽譜に記入して、そこで息をしっかり吸って楽器に息を入...
テンポ
音階、練習曲、曲を吹くとき、メトロノームで行う時から、1.2.3とカウントして吹き始めてみましょう。 自分の中にどのテンポで吹きたいのか明確でないと、息も吸うタイミングがわからず、最初の音が不...
自分の理想の音をもつこと
本日は、お疲れ様でした。 音を出すときに3つの事を意識してみてください。 1つ、自分の理想の音をもつこと 2つ、指を確認すること 3つ、息をしっかり入れること(息を入れるために、...
タンギング
タンギングを行うとき、毎回息を入れて息で切ってしまうと速いパッセージを吹くときに困ってしまうので、息をたくさん入れて舌で切るよう練習しましょう。 (ズズズズズ)この言葉は息をたくさん入れて舌を...
音に自信を持って吹く
音階、曲と前回よりとても良くなっていました! 指も慌てず抑えられるようになりましたね(^^) 出来ないパッセージがあるときは、出来ないところを抜き出してゆっくり練習してみてください。 ...

クラリネット教室のレッスンノート ・・・計24件

クラリネット教室 ページ先頭へ

クラリネット情報

サイタのクラリネット講師がブログを通して、クラリネット情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

クラリネットの先生

@ClarinetCyta