サイタ音楽教室クラリネット教室東京 バスクラリネット&クラリネット教室 レッスンノート

バスクラリネット&クラリネット教室レッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

大きいジャンプより、沢山踏み場を作る!
早いテンポになると少しついていけなさそうだったので、ゆっくりから始めました。 十六分音符をより細かく感じて頭の中でも一緒に歌って貰ってゆっくりから進めると、頭の中で歌ってる分ズレているのがわか...
音源審査に向けて
少し楽器の調子が優れていなかったものの、安定した吹き方ができていました! 生徒さんご自身で他の人の演奏を聴いて表現を研究していて素晴らしかったです(^^) あとは色々なタンギングが出来る...
体に染み付くまで!
前回同様アンサンブルコンテストの曲を練習しました。 部活でテヌートとスタッカートの区別をはっきりするようにと言われたという事だったので、そこを重点にやりました。 交互に吹くと1時間のレッ...
気をつける事は2点!
アンサンブルコンテストの曲をやりました。 交互に吹くとメキメキと上達していきました^_^ 少しぼんやりと吹いていたので、 お客さんに自分がどんな譜面を吹いているのか伝わるように、大げさ...
土台の上の部分のレッスン。
普段やっている基礎練習を、やってもらいクラリネットポルカの譜読みをしました。 普段はロングトーンと、タンギング、少しのスケール練習をしているとの事だったのでやってもらったところ、音の震えも無く...
悩み克服に向けて一つ一つ対策をねりました!
リスニングしたところ、 スケール、息の量から起こるリードミス、タンギング、表現を中心に取り組みました! タンギングではまだ体が不慣れな感じがしたので、音を伸ばした状態からターターターと舌をつ...
コンクールソロ追加!
急遽ソロ追加されたとのことなので、そこを始めにやりました! ソラシに向かって、4拍目の裏のラの八分音符はがっつりテヌートのままクレッシェンド。 ソラシのソは焦らず吹きましょう! 音の処理も...
トリルとタンギング。
高い音はレジスターキーを押さなくても音が出ているので、その時の響きを壊さない程度にタンギングをしてみてください。 舌をついた時に音色や音の形が変わってしまうのは舌が強すぎるので、耳でしっかり聞...
装飾音符
コンクールの曲のみやりました。 装飾音符がつくと吹きづらそうだったので、何度も繰り返し吹いてもらいました。 今回の曲では装飾音符がつく事で、その音に勢いがついた感じに聞こえると良いですね...
少しの調整。
ソロの部分では、習字の様に音の処理に気をつけてもらう事、観客に伝わる為に3度目の表現をオーバーにする事、音の跳躍の練習方法(息の方向やアンブシュアを覚える)をお伝えしました。 よくつまづく事が...

バスクラリネット&クラリネット教室のレッスンノート ・・・計15件

バスクラリネット&クラリネット教室 ページ先頭へ