音楽教室クラリネット教室神奈川 諏訪クラリネット教室 レッスンノート

諏訪クラリネット教室レッスンノート(4ページ目)

レッスンノートって?レッスンノートって?

指使いが難しいところは、とにかくゆ...
指使いが難しいところは、とにかくゆっくり繰り返し練習しましょう。慣れることが大切です。焦る必要はありません(^^) ピアノ曲のアレンジを演奏する時は、オリジナルのイメージを大切にしましょう...
音階のアルペジオはゆっくりで良いの...
音階のアルペジオはゆっくりで良いので指の動きを大きくして吹きましょう。 普段あまり使わない指使いも多いので注意しましょう。 楽曲を演奏する時は状況や風景などイメージを膨らませて、上手くや...
今回は、部活動の様子と今どのくらい...
今回は、部活動の様子と今どのくらい吹けるかの確認をさせて頂きました。 普段の練習にしっかり付いて行くためにも、譜読みを確実にすることがとても大切です。先ずは自分の力で譜読みをしてスラスラ読む努...
短調の音階は慣れて来たので大丈夫で...
短調の音階は慣れて来たので大丈夫ですね! 高音域で出しにくい音は、当てる感じに無理せず出しましょう。ゆっくり確実に練習すれば大丈夫です。 聴き馴染みのある曲はイメージがあるだけに難しく感...
久しぶりのレッスンでしたが、全くそ...
久しぶりのレッスンでしたが、全くそんな感じは、ありませんでしたよ。\(^o^)/ イ短調とニ短調の音階は指使いの確認をしましょう。 タンギングはお腹で切る感じで。出にくい音を出す時もお腹、腹...
アンサンブル楽しかったですね\(^...
アンサンブル楽しかったですね\(^o^)/ レパートリーをどんどん増やしていきたいですね! 短調の音階の種類の確認をしましょう。 今までやってきた音階は常に吹けるようにしておきましょう...
指がよく回らない所は音符の長さを変...
指がよく回らない所は音符の長さを変えてゆっくり練習しましょう。 自分がどの部分が苦手なのかを確認して、少しずつ速くしましょう。 音がかすれてきたら腹筋を意識するのを忘れないで! 曲の山場に...
自分に合ったリードを使うようにしま...
自分に合ったリードを使うようにしましょう。3番でなるべく音の広がりにくいものを選んでみましょう。今まで吹きにくいと思っていた所も楽に出来るはずです。 指使いがやりにくい所は部分練習をゆっくりか...
ト長調の音階の指使いは、一番やり易...
ト長調の音階の指使いは、一番やり易いもので良いです。音程の調節は腹筋を使いましょう。 どんな曲を演奏するにも腹筋が大切です。上手くコントロールすることで良い音が出ます。 練習をしながら自...
ト長調の高音は、指使いの確認を音を...
ト長調の高音は、指使いの確認を音を出さないでやりましょう。指の動きがスムーズになってから音を出します。必ず良い音が出ますよ(^-^) フォルテは思い切りハッキリ吹きましょう。ピアノはお腹を...

諏訪クラリネット教室のレッスンノート ・・・計48件

諏訪クラリネット教室 ページ先頭へ