サイタ音楽教室クラリネット教室神奈川 諏訪クラリネット教室 レッスンノート

諏訪クラリネット教室レッスンノート(4ページ目)

レッスンノートって?レッスンノートって?

良い音を出したいそのためには
どんな音が良い音なのか、曲によってもパートによっても違ってきます。まずは自分のくせを知ること、どんな音を出したいのか。 そのためには、イメージが大切です 音を形でイメージしてみましょう。平...
出にくい音の練習方法
リードの調子にもよりますが、苦手な音や音域を思う様な音色で吹くにはどんな練習をすれば良いか難しいですね。 出しにくいと思うと、どうしても口元でコントロールしようとしてしまいがちです。でもそれで...
地道な練習
練習していていつもつまずいてしまう所があった時、その部分だけを繰り返し練習すると思います。練習の方法は、小節ごとなど細かく分けてゆっくりと丁寧に繰り返し、確実に出来るまで頑張ってみましょう。焦ら...
集中して演奏すること。
コンサートの前は、上手に出来るか心配になって緊張するものですよね 練習してきた通りに、いつもの感じで出来れば良いので、変に考え過ぎない事が大切です。 曲の世界観に入り込んで状況をイメージし...
乗り良く演奏しましょう
演奏の楽しみは自分が楽しくが一番です。それと同じくらい大切なことは聴いている人も楽しくありたいですよね 音楽のある空間をそこに居るみんなで楽しむ為に大事なのは、乗り良く皆が一つになれるように...
アンサンブルで大切なこと
ソロと違ってアンサンブルは合わせる難しさがあります。メンバーの意思の疎通をスムーズにするには、自分の意見を言葉で伝えるだけでなく演奏(表現)で伝えることが大切です。 それには、自分がイメージを...
忘れて欲しくない練習の時の基本
ついついやってしまう事なんですが、良く知っている曲を練習する時、思わずイメージ通りに演奏し始めてしまうんです。当然、上手にはいきません。 そこで基本に帰り、とにかく焦らずゆっくり練習するのです...
歌うように演奏するってどうするの?
クラリネットなどの管楽器の演奏で歌うって、実は良くわからない事ですよね。 歌詞が無いから感情を込めれば良いのですが、それはちょっと難しい。 まずは、演奏する曲がどんな状況のものなのかイメージ...
継続は力なり
レッスンを続けていくこと、それは決して簡単な事ではありません。難しい如何にも大変そうな練習曲など挫けても不思議では無いかもしれません。でも少しゆとりを持ってマイペースでやる事で確実に身についてい...
自分好みのリードを創る
自分に合ったリードに巡り会うのはなかなか難しいですよね。薄い物は仕方ありませんが少し厚くて出にくいけど良い音のリードってありますね そんな時は紙ヤスリで厚い部分を少し削ってみましょう灯りに...

諏訪クラリネット教室のレッスンノート ・・・計92件

諏訪クラリネット教室 ページ先頭へ