音楽教室クラリネット教室神奈川 諏訪クラリネット教室 レッスンノート

諏訪クラリネット教室レッスンノート(4ページ目)

レッスンノートって?レッスンノートって?

とても素直な、安定した良い音色が出...
とても素直な、安定した良い音色が出せていると思います。自信を持って遠慮せずに自分の表現を心がけましょう! ロングトーンを兼ねたスケールの練習を頑張っていきましょう。腹筋を鍛える事に繋がります(...
まずは、自分に合うリードを見つけて...
まずは、自分に合うリードを見つけてみましょう。 今のリードは少し固めなので、薄いものも色々試してみましょう! 息もれの原因は一つではありません。リードは勿論の事、姿勢と重心の取り方、腹筋の使...
楽器を演奏する時に一番大切なのは姿...
楽器を演奏する時に一番大切なのは姿勢です。肩の力を抜いて脇を締めて、重心を前にします。 手首の力も抜きましょう。柔軟性がないと指の動きも悪くなります。 鏡で指の動きを確かめてみると良いですね...
今回やったフラット系の音階や曲の時...
今回やったフラット系の音階や曲の時の変え指は、使いこなせる様に頑張って慣れていくようにしましょう良い音も出ます。 別れの曲、アンサンブルは楽しいですね(*^^*) 遠慮せずに、自由に演奏し...
メトロノームを使って、少しゆっくり...
メトロノームを使って、少しゆっくりなテンポで練習しましょう。 息継ぎをゆっくり取ってしまうと拍がずれてきます。吹きながら心の中で、メロディーを歌いながら練習して感覚を掴みましょう! 右手は、...
マウスピースをくわえる位置が少し浅...
マウスピースをくわえる位置が少し浅かったので、もう少し深くしましょう。音色もだいぶ変わって良くなります。 ドの指使いは、自分のやり易い指で構いません。無理の無いように少しずつ練習しましょう。指...
指使いが難しいところは、とにかくゆ...
指使いが難しいところは、とにかくゆっくり繰り返し練習しましょう。慣れることが大切です。焦る必要はありません(^^) ピアノ曲のアレンジを演奏する時は、オリジナルのイメージを大切にしましょう...
音階のアルペジオはゆっくりで良いの...
音階のアルペジオはゆっくりで良いので指の動きを大きくして吹きましょう。 普段あまり使わない指使いも多いので注意しましょう。 楽曲を演奏する時は状況や風景などイメージを膨らませて、上手くや...
今回は、部活動の様子と今どのくらい...
今回は、部活動の様子と今どのくらい吹けるかの確認をさせて頂きました。 普段の練習にしっかり付いて行くためにも、譜読みを確実にすることがとても大切です。先ずは自分の力で譜読みをしてスラスラ読む努...
短調の音階は慣れて来たので大丈夫で...
短調の音階は慣れて来たので大丈夫ですね! 高音域で出しにくい音は、当てる感じに無理せず出しましょう。ゆっくり確実に練習すれば大丈夫です。 聴き馴染みのある曲はイメージがあるだけに難しく感...

諏訪クラリネット教室のレッスンノート ・・・計54件

諏訪クラリネット教室 ページ先頭へ