サイタ音楽教室クラリネット教室神奈川 諏訪クラリネット教室 レッスンノート

諏訪クラリネット教室レッスンノート(2ページ目)

レッスンノートって?レッスンノートって?

やっぱり三拍子は難しい!?
身体の中でリズムを感じる、言葉では簡単に言えますが身に付けるまではなかなか大変です。DNA的には難しいかもしれません。 という事はひたすら聴いて、感じて繰り返し練習するしか無いのです。 クラ...
苦手な高音をキレイに出したい!!
高音がキレイに出せたら、それは相当気待ちが良いです。苦手と思っていたら出せるものも出せないものです。 息のコントロール、腹筋への力の入れ具合、少し硬めの良いリード!これがバランス良く整うと、気...
練習のテンポはゆっくりで!
譜読みが簡単なものや早いパッセージ等は、ついつい速く演奏してしまいがちです。 指使いが難しい所などはちょっとごまかしてしまう事も、速いテンポでの練習では起きてしまいます。 個人練習の時は、と...
気持ちは音に出る!?
誰でもそうですが、上手く演奏しなければと思いながらがんばってしまいます。 でもその結果どうなるかというと、意識し過ぎて力む事になり、出来なかったと感じる人は多いです。 気持ちを楽にするために...
自分らしく演奏しましょう
良く知っている曲を演奏するのは難しいという話は以前にしましたが、難しいと思わないでやるにはどうすれば良いでしょう 技術的に難しいと感じたなら、自分の出来る範囲で確実に演奏すること。 イメー...
練習の進め方
譜読みがひととおり出来たら、自分なりの表現を仕上げて行くのですが、誰に遠慮すること無く先ずは自由にやってみることが大切です。 演奏しながら色々試してみて膨らませてみましょう テクニックにば...
思う様な音が出せない時には?
何度やってみても納得のいく音が出せない時は、色々原因はありますが先ずは体の緊張をほぐしてみましょう。 頬に力が入っていたり肩に力が入って上手く息が入っていないのかもしれません。 力んだ分のエ...
苦手を克服したい
自分の苦手な所、分かっていてもどうしたら良いのかと悩んでしまいますね。何となくこうすれば良いって思っても、意識をするとかえって出来なくなってしまう。誰しも経験する事です 音楽は気持ちがその...
思う通りの表現をするには
知らない曲を演奏する時、先ずはちゃんと譜読みをして書いてある事は漏れなく守って吹く。ここまでを焦らず根気よく進めます。 そのうちに、自分なりにどんな演奏をしたいかが見えてきます。 譜面の通り...
腹筋の大切さ
クラリネットに限らず管楽器は体も一体化してひとつの楽器と考える様にしましょう。 口だけで表現するのではなく、体(腹筋)を連動させる事で音が安定してクリアな良い音になります。 焦らず、集中して...

諏訪クラリネット教室のレッスンノート ・・・計87件

諏訪クラリネット教室 ページ先頭へ