音楽教室クラリネット教室神奈川 諏訪クラリネット教室 レッスンノート

諏訪クラリネット教室レッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

腹筋の大切さ
クラリネットに限らず管楽器は体も一体化してひとつの楽器と考える様にしましょう。 口だけで表現するのではなく、体(腹筋)を連動させる事で音が安定してクリアな良い音になります。 焦らず、集中して...
クラリネットらしい音って?
クラリネットの本来の音。クラリネットの音はこういう感じだよっていうものを知らないと、そもそも出したくても出せないですよね。ソロの良い演奏を聴いてイメージを作りましょう。そのイメージを元にアンブッ...
知らない曲は難しい?
知っている曲はイメージを持ちやすいので、どんな風に練習していくかはある程度出来ると思います。 でも知らない曲は、譜読みは出来てもこれで良いのかと迷いが出てしまいますね。 参考になる音源があれ...
自分の音色を知ろう!
良い音を出したい、どんな練習をすれば良いのだろう?そう思った時、最初にすることは自分の音を良く聴いて、どんな特長があるか考えてみましょう。 腹筋をしっかり使って太い音でロングトーンをやりましょ...
上手く出来ない時には訳がある
普段吹かない音や、難しそうな音の並びなど上手く出来ない時は、焦りから更に練習に行き詰まったりすることが有ります。 そんなときは、どんな気持ちになっているでしょう?緊張していたり出来ない事に不安...
アンサンブルの醍醐味
管楽器を演奏する人でアンサンブルをしない人はまず居ません。自分の役割を考えながら演奏する事は難しいですが楽しいですよね ひとつの曲の中でも主張する部分、裏方に徹する部分、色々有ります。その受...
良い音を出したいそのためには
どんな音が良い音なのか、曲によってもパートによっても違ってきます。まずは自分のくせを知ること、どんな音を出したいのか。 そのためには、イメージが大切です 音を形でイメージしてみましょう。平...
出にくい音の練習方法
リードの調子にもよりますが、苦手な音や音域を思う様な音色で吹くにはどんな練習をすれば良いか難しいですね。 出しにくいと思うと、どうしても口元でコントロールしようとしてしまいがちです。でもそれで...
地道な練習
練習していていつもつまずいてしまう所があった時、その部分だけを繰り返し練習すると思います。練習の方法は、小節ごとなど細かく分けてゆっくりと丁寧に繰り返し、確実に出来るまで頑張ってみましょう。焦ら...
集中して演奏すること。
コンサートの前は、上手に出来るか心配になって緊張するものですよね 練習してきた通りに、いつもの感じで出来れば良いので、変に考え過ぎない事が大切です。 曲の世界観に入り込んで状況をイメージし...

諏訪クラリネット教室のレッスンノート ・・・計68件

諏訪クラリネット教室 ページ先頭へ