音楽教室クラリネット教室神奈川 鈴木歩クラリネット教室 レッスンノート

鈴木歩クラリネット教室レッスンノート(7ページ目)

レッスンノートって?レッスンノートって?

リード、ソロ部分
リードは、今の季節少し難しいですが、常に吹きこなせるリードを数枚持っているようにしましょう。 吹いていないと乾燥してしまいがちになってしまうので、満遍なく吹いて数枚のリードを準備していきましょ...
タンギング
タンギングをする際に、アンブッシュアが乱れてしまう時があるので、気をつけていきましょう。 息の使い方、舌の使い方を常に気をつけていきましょう。 リードですが、自分にあったリードを使うよう...
吹奏楽の曲
全体的にとてもよく吹けるようになっていました。 変拍子ですが、慣れるまではリズムをとるのが大変かと思いますが、 どのように分けてリズムをとるかなど、合奏等で先生が説明していると思いますので、...
吹奏楽の曲
ソロの部分、大分良くなっています。 指回しなど、書かれている音を確認しましょう。 タンギングは、しっかりと息を入れましょう。
楽器の組立方や吹き方
バスクラリネットになると、楽器自体が大きいので、慣れるまでは大変かと思いますが、気をつける点に注意しながら組立ていきましょう。 楽器の位置、身体の状態などに注意しながら音を出していきましょ...
ソロコンテストの曲、吹奏楽の曲
ソロコンテストの曲は、以前より全体的に良くなっています。 部分部分は出来ていても、一曲を通して演奏してみると間違ってしまう部分は、まだ自信がないところです。 そういった部分は、引き続き取り出...
基礎
ロングトーンでの重要なこと、ウォーミングアップ、基礎練習などの順番など、気をつけて練習していきましょう。 息の方向や、口の状態などを意識してロングトーンなど行っていきましょう。 タンギン...
ソロコンテストの曲等
ソロコンテストの曲は、大分良くなってきています♪ スラーの位置などをもう一度確認して練習しましょう。 指回しのところはゆっくりから音を確認して練習しましょう。 春の猟犬は、まず拍子の確...
ソロの部分
難しいソロですが、譜面は読めていましたので、後は指が間違えやすいところなど確認していきましょう。 スウィングを忘れずに練習してください。 高音域の指使いに気をつけましょう。
アンサンブル
日々良くなっています。 マースピースにも慣れてきた感じです。 リード選びも良くなってきていますが、リードミスのようなミストーンが出やすいリードは極力避けましょう。 タンギングと指が合わ...

鈴木歩クラリネット教室のレッスンノート ・・・計466件

鈴木歩クラリネット教室 ページ先頭へ