サイタ音楽教室クラリネット教室神奈川 鈴木歩クラリネット教室 レッスンノート

鈴木歩クラリネット教室レッスンノート(6ページ目)

レッスンノートって?レッスンノートって?

指使いもしっかりしてきました。 右手の手首の角度に気をつけましょう。 アフタクトの出だしの音の大切さや、同じ音が続いているときのタンギングなど気をつけましょう。 これから音形なども意識して...
吹奏楽曲
前回よりしっかり吹けるようになってきています。 タンギングはとても難しいですが、息が入っていなく上手くタンギングが出来なくなってしまう事があります。 スラーで練習ししっかり息が入っている事を...
基礎的なこと
レッスンお疲れ様でした。 オイルを差し方が良い箇所がありましたので、ご案内したような感じでオイル差しを行ってみてください。 アンブッシュアですが、少し下顎が前に出てしまい、逆に前歯がマースピ...
基礎的なこと
レッスンお疲れ様でした。 久々に吹かれたとのことでしたが、音などしっかりと出ていました。 少し力が入りすぎてしまう時があるので注意しながら吹くと、今以上にラクに息が入ると思います。 息のス...
エチュード、スケール、楽語など
エチュードは前回より良くなっていました。 もう少し強弱の変化がつくとメリハリが出ると思います。 スケールは、指使いに気をつけて練習していきましょう。 楽譜に記載されている楽語などは、都度覚...
曲ほか
楽器の調整は定期的に行っていきましょう。 出しやすい音、出しにくい音などでフレーズがボコボコしてしまわないように良く聴きながら練習していきましょう。 スラーの切れ目や、同じ音が続いた時の...
エチュード他
エチュードの譜読みは出来ています。 エチュードに書かれていること(アーティキュレーション、強弱など)をいかに読み取り演奏していけるかをイメージして練習していきましょう。
スケール、エチュード、曲
スケールですが、楽譜によってアーティキュレーションなど異なります。 今使用している楽譜のアーティキュレーションで演奏できるよう練習していきましょう。 エチュードですが良く吹けています。 強...
基礎的なこと、曲
マースピースやリガチャーについて。 音と音をしっかりつなげる為に、息の流れや、アタック、タンギングなどを気をつけながら練習していきましょう。 音の跳躍の際は下の音をしっかり吹きましょう。
楽器のこと、基礎的なこと
レッスンお疲れ様でした。 楽器の組み立ては問題ありませんでした。 リードの位置、リガチャーの位置を気にしながらセッティングしてみてください。 アンブッシュアは綺麗に吹けております。 指の...

鈴木歩クラリネット教室のレッスンノート ・・・計504件

鈴木歩クラリネット教室 ページ先頭へ