音楽教室クラリネット教室神奈川 鈴木歩クラリネット教室 レッスンノート

鈴木歩クラリネット教室レッスンノート(5ページ目)

レッスンノートって?レッスンノートって?

リード
リードを選ぶのは難しいと思いますが、まずは色々なメーカー、厚さなどを日々試すのではなく、自分にあったリードのメーカー、厚さを見つけたら、それを使っていくようにしましょう。 割れてしまったり、欠...
曲など
指使いは、だいぶ覚えられてきましたね。 忘れないようにしましょう。 次は、異名同音(ド#=レ♭は同じ指使い)を覚えましょう。 ♯で記載されている音は、だいぶ分かっているようですが、♭になる...
曲のリズムや指使い
音色、指使いなど前回よりもとても良くなっているので引き続き頑張って練習していきましょう。 小指の指使いで、左右どちらを使うと吹きやすいかなど、慣れていきましょう。 楽譜を貰ったら、少...
アンサンブル曲
前回より、指回しやリズムなど良くなっていました。 スラーの切れ目などのアーティキュレーションがしっかりとつくともっと良くなるでしょう。 マースピースを変えて、音色などとても良くなっていま...
スケール、曲
スケール/a moll, G dur スケールは以前より良くなってきています。 このスケール本は、高音域まで出てきますので、高音域の指使いなどしっかりと覚えていきましょう。 曲 アフ...
基礎
前回のレッスンより、音色、指使いなど良くなっていました。 高音域の指使いも覚えていきましょう。 引き続き、ロングトーンなどしっかり練習していきましょう。 タンギングをこれからしっか...
アンサンブルの曲を行いました。 アンサンブルをする際は、どこの部分でみんなが合わさるか、誰と一緒なのかなど把握することがとても大切です。 スコアを見ながら、把握していきましょう。 変拍...
基礎、曲
全体的に以前より成長しています。 引き続き頑張っていきましょう。 基礎はとても大切ですので、引き続き練習していきましょう。 タンギングをする際、舌を強くつきすぎてしまったり、息の流れが...
スケール、曲
スケール/C dur 最初は、難しいと思うかと思いますが、スケールはとても大切な練習になります。 出来る範囲の量で良いので、練習していきましょう。 スケールを吹く際、高音域までの息の流れや...
タンギング
タンギングのやり方は、特に問題はありません。 タンギングをする際の舌をつく、強さやスピード感を練習していく事で、もっとキレイになります。 息の入れ方も気をつけていきましょう。

鈴木歩クラリネット教室のレッスンノート ・・・計416件

鈴木歩クラリネット教室 ページ先頭へ