音楽教室クラリネット教室神奈川 鈴木歩クラリネット教室 レッスンノート

鈴木歩クラリネット教室レッスンノート(4ページ目)

レッスンノートって?レッスンノートって?

吹奏楽の曲
新しい曲を譜読みする時は、まず楽譜に記載されていることをしっかり読み取っていきましょう。 連符が多い曲ですが、ゆっくりと分解しながら練習していきましょう。 アーティキュレーションを譜読みの段...
基礎的なこと
レッスンお疲れ様でした。 リード、リガチャーの設置位置を気にしてみてください。 アンブッシュア、楽器の角度を気をつけながら、息の流れがスムーズに入る場所を意識しましょう。 タンギングは、息...
基礎
レッスンお疲れ様でした。 基礎的なことをいくつか気をつけることで、もっと上達すると思います。 アンブッシュアは、浅くなりすぎないように気をつけましょう。 指の形がまっすぐになってしまってい...
吹奏楽の曲
譜面は吹けていても、リズムが少しずれてしまう部分があるので、注意しましょう。 タンギングの際に、舌と指がずれないよう気をつけていきましょう。
吹奏楽の曲
アーティキュレーションが譜読み出来ていない部分が少しあるので、しっかり譜読みの段階で練習していきましょう。 アンサンブルの曲は、以前行っているので全体的には大丈夫です。 指回しなど、一度...
吹奏楽の曲
リズムが難しい曲などは、タイをとって練習したり、拍ごとに分解したりしながら練習していきましょう。 連符のところは、転びやすい部分がありますので、指をしっかり確認しながら丁寧に練習していきましょ...
吹奏楽の曲
楽器の調整をもう一度行うと良いと思います。 調整を行ってもらったら必ずその場で試し吹きしましょう。 リードが薄すぎてしまって抵抗が全くないように聴こえてしまっています。 もう少し抵抗が...
吹奏楽の曲
以前確認したタンギングなど、良くなっていました。 引き続き、気をつけながら練習していきましょう。 譜読みも早くなりましたね。 譜読みの段階で、スラーの位置などアーティキュレーションをし...
吹奏楽の曲
トリルなどを入れた時にリズムが乱れてしまっている部分があります。 まずトリルをなしで練習し、リズム、拍の長さなど確認しましょう。 譜読みの段階で、アーティキュレーションをしっかり確認して練習...
吹奏楽の曲他
息がだんだん入りにくくなってしまう部分は、ロングトーンなど基礎練習を多めに行いながら、慣れていきましょう。 バレルですが、660を使っていただいていて問題ありませんので、そちらを使用していきま...

鈴木歩クラリネット教室のレッスンノート ・・・計447件

鈴木歩クラリネット教室 ページ先頭へ