サイタ音楽教室クラリネット教室神奈川 鈴木歩クラリネット教室 レッスンノート

鈴木歩クラリネット教室レッスンノート(2ページ目)

レッスンノートって?レッスンノートって?

エチュードなど。
季節の変わり目でリードが不安定になりやすいですが、季節に合わせリードを選んで準備していけるようにしましょう。 エチュード、楽譜は吹けています。 楽譜に記載されている色々な記号を意識して演奏し...
クラリネット曲
譜読み良く出来ていました。 タンギングの種類に気をつけて練習しましょう。 跳躍も気をつけて練習していきましょう。 曲の時代背景を考えるのも演奏する上でとても大切です。 色々なことを吸収し...
基礎的な事、曲
レッスンお疲れ様でした。 楽器のセッティング等は問題ありませんでした。 アンブシュアは、慣れてくるまで難しいと思いますが、演奏していく上で1番大切なことです。 マウスピースの加えが浅く...
スケール、曲
スケールは、前回より良くなっています。 指が転んでしまう部分、音が転んでしまう部分、スラーの状況など、意識しながら練習していきましょう。 曲の方は、譜読みの時点でリズム、音のながさなど気...
スケールなど
スケールは、良く吹けていますが、 ・音色が均等になっているか ・音の粒が均等になっているか ・アーティキュレーションが綺麗に吹けているか などなど、色々な点を心がけて練習していきましょう...
クラリネットのことなど
アンブシュア、角度を少し変化したことで、音色や響きが良くなってきましたね。 引き続き気をつけて練習していってください。
お話など
吹奏楽の曲をレッスンするのがあまり…の時は、クラリネットの曲など、何でも良いですよ。 指の形や、アンブシュア、楽器の角度は常に気をつけていきましょう。
吹奏楽曲
楽器の角度など、だいぶ良くなってきていますが、気が緩んだ時に乱れ気味になります。 気をつけていきましょう。 だいぶ指なども回るようになっています。 レジスターキー周辺の連結は、難しいで...
基礎的なこと
アンブシュア、楽器の角度など、少し疎かになっている部分があるかと思います。 無理な角度などで行うと、息がスムーズに入りにくくなります。 常に気にしながら練習していきましょう。 響きがあ...
吹奏楽曲
曲数が多くありますが、譜読みをしっかり行っていきましょう。 譜読みを行う際、姿勢やアンブシュア、楽器の角度など気をつけていきましょう。 音色を整えていくには、やはりロングトーンです。...

鈴木歩クラリネット教室のレッスンノート ・・・計518件

鈴木歩クラリネット教室 ページ先頭へ