音楽教室クラリネット教室東京 クラリネット&バスクラリネット教室♪ レッスンノート

クラリネット&バスクラリネット教室♪レッスンノート(91ページ目)

レッスンノートって?レッスンノートって?

レジスターを押した下管が鳴りにくい...
レジスターを押した下管が鳴りにくい状態を改善する方法をいくつか試してみました ●鳴りやすい音からスラーで上がったり下がってみてから、一つずつタンギングする方法を試しました。急いで次の音にいかず...
文化祭の曲をレッスンしました。...
文化祭の曲をレッスンしました。 ●「レ♯」の替え指は、押すタイミングと押しに行き方にコツが要るのでよく慣れてみて下さい。でも慣れるスピードにびっくりしていました! ●その上の音域での「レ...
●クローゼ1番・音が跳躍する時...
●クローゼ1番 ・音が跳躍する時でもそれぞれに息やアンブシャーの狙いを定める事が大切ですね。間の音も吹いてみて「ラ→レ」なら「ラシドレ」のように、息の確認をしていきましょう。 ・高音は慣れが...
リードの型番を代えてみました。2半...
リードの型番を代えてみました。2半でかなり楽に円やかな音が出るようになったので、様子でまた調整していきましょう。 ●「ソ」のロングトーン、最低音までしっかり出るようになり、吹き始めの事故がかな...
●スケールc dur1番 歌に...
●スケールc dur 1番 歌になるように、折り返し地点手前からクレッシェンドしていきましょう。特にスラーを吹くときに意識してみてください。 アーティキュレーションを代えて練習しますが、スタ...
●クローゼのエチュード1番・ス...
●クローゼのエチュード1番 ・スラーの終わりは軽く減衰させて軽やかに吹きましょう。 ・高音域で終わる時も力んで強くならないように、息を吹き込むバランスを意識してみてください。 ●エチュ...
●ロングトーンで真っ直ぐ伸ばす音は...
●ロングトーンで真っ直ぐ伸ばす音は、始めから終わりの拍まで音が揺れないようにしっかり伸ばしましょう。 沢山の息を必要とする「レ」のように、比較的楽な「ソ」でも息圧をしっかり保てるように気を付け...
●ローズ1番・譜面に書かれた強...
●ローズ1番 ・譜面に書かれた強弱をしっかりつけてみましょう。また、その書かれた強弱から曲の雰囲気を読み取り、強さだけでなく沢山の表情もつけられたら素敵かと思います。譜面をよく読んで、盛り上が...
エチュードを始めました●基礎練...
エチュードを始めました ●基礎練習はロングトーン、タンギング、半音階をやりました 口の準備を早めにやり、リードミスを阻止しましょう(>_<) タンギングは息が少なくなると遅くなりやすいです...
基礎練習メニューと練習方法について...
基礎練習メニューと練習方法についてお話しました。 ●口の力は少しリラックス、息圧は少し強めてたっぷり楽器に息を吹き込みましょう。レッスン中にかなり音量が増え、高い「ソ」まで出せたのも息圧かなり...

クラリネット&バスクラリネット教室♪のレッスンノート ・・・計941件

クラリネット&バスクラリネット教室♪ ページ先頭へ