サイタ音楽教室クラリネット教室東京 クラリネット&バスクラリネット教室♪ レッスンノート

クラリネット&バスクラリネット教室♪レッスンノート(3ページ目)

レッスンノートって?レッスンノートって?

B♭クラリネットレッスン♪
●音階 練習のやり方をお話しました。 ・1番 スラーで吹きます。 指使いを確認をされましたら、メトロノームを付けて練習してみてください。 隣の音へ音が滑らかに移っているか確認し...
B♭クラリネットレッスン♪
●音階 スラーはとても美しいです。 同じような音色で出来るように、タンギングの練習を中心に練習しました。 息だけの発音、それぞれの音域に丁度よい息圧とアンブシュアを定着させましょう...
バスクラリネットレッスン♪
●音源と合わせてバランスをみました 一番盛り上がるところを中心にバランスも程よく取れました。 他の方のメロディーのところもしっかりめに吹いていて大丈夫そうです。 伴奏ともタイミング...
B♭クラリネットレッスン♪
●音階 少しずつ色々な調の音階に慣れてみてください。 ラとシの間ではブレスを取らないで、音をつなげる練習として吹いてみましょう。 ラの時に、右手はシの準備として全てキーを押さえておきましょ...
B♭クラリネットレッスン♪
●音階 豊かな音で吹かれていました。 音が繋がりにくいラ→シはまだ少し時間がかかりますが、少しずつ繋がってくる状態になってきました。 シ→ラをまず練習してシの時の指を覚えておいてラにい...
B♭クラリネットレッスン♪
●音階 指の動かしにくい「ラシド」が滑らかに動けるように、人差し指の動きや動く時にラのキーに触る位置などに気をつけて練習しました。 右手は押さえたままにしておくことも大切で、ゆっくり練習しま...
B♭クラリネットレッスン♪
クラブの曲をレッスンしました ●八分休符があるリズムを声に出してしゃべってみました ・まずは手拍子を練習しました。 ・それから手拍子なしで1、2、1、2と言いながらテンポどおりに叩けるよう...
B♭クラリネットレッスン♪
●音階 高音域に差し掛かるあたりで少し緊張ぎみになり、アンブシュアが固くなってしまうようでした。 締めすぎないで息を通すように気をつけて吹きました。 同様に、高音域のスラーも良く響かせ...
B♭クラリネットレッスン♪
●音階 今回からスタッカート中心にアルペジオも吹いてみました。 ゆっくりなアルペジオは発音に1音1音気をつけて吹くことができました。 速くなったときには、二小節目以降、ブレスが足りなくなっ...
バスクラリネットレッスン♪
●音階 吹きながら、ベストな鳴りかたをする口の加減を研究しました。 前歯の乗せ具合、顎の角度を微調整していきました。 レジスターキーを押した、ファ、ソ、ラ辺りは綺麗になる範囲が狭いので...

クラリネット&バスクラリネット教室♪のレッスンノート ・・・計1,320件

クラリネット&バスクラリネット教室♪ ページ先頭へ