音楽教室クラリネット教室東京 Pal Clarinet school レッスンノート

Pal Clarinet schoolレッスンノート(4ページ目)

レッスンノートって?レッスンノートって?

音階練習や指のトレーニングを練習し...
音階練習や指のトレーニングを練習しました。 音符の種類や、拍の長さなども楽譜を使って確認しました。
タンギングですが、まだ息を毎回吹き...
タンギングですが、まだ息を毎回吹き込みながら音を切っているようです。 舌だけで音を切ったり止めたりする練習をしてみましょう!! ワルツのリズムを練習しましたが、細かい動きがあるときも三拍子を...
音の出だしは必ず舌を付けて発音する...
音の出だしは必ず舌を付けて発音するようにしましょう。 息のスピードが遅いと雑音の原因になります。 遠くに音を飛ばすイメージでロングトーンしてみましょう。 タンギングは舌でしっかり音を止...
背中がとても緊張している状態で音の...
背中がとても緊張している状態で音の流れが悪いかったので、まずは背中や肩に力をいれない所から始めました。 どうしても体の重心が背中になりやすいので、お腹に重心を置くことを意識しましょう。 ロン...
タンギングをするとき舌で音を止めら...
タンギングをするとき舌で音を止められているのを確認するようにしましょう。 リードの良し悪しもタンギングをするとき大いに関わってくるので選び方も重要です。 タンギングしたときにきちんと音を止め...
曲を中心に行いました。レジスタ...
曲を中心に行いました。 レジスターキーを挟むレガートが掛かりにくいようです。 最初の音をしっかり鳴らして次の音を吹くようにしましょう! 元が歌の楽譜は特にフレーズを長くとるようにしましょう...
タンギングの練習をメインに行いまし...
タンギングの練習をメインに行いました。 舌で音を止める練習をしてみましょう。ゆっくり舌だけで音を止められているか確認しながら練習してみてください!
呼吸が浅くなっているようです。...
呼吸が浅くなっているようです。 呼吸が浅くなると喉が締まり、音が潰れたり高音域が吹きにくくなります。 今日行った呼吸の練習を行ってから楽器を吹くと少し楽に演奏が出来ると思うのでぜひ行ってみて...
音程差があるフレーズや、ラーシード...
音程差があるフレーズや、ラーシードのレガートがきれいにかかる練習をしました。 喉に力が入ると音がしっかり鳴らなくなります。 息を入れて音をしっかり鳴らすことを心がけましょう!
音の伸びや息の支えを意識しながら曲...
音の伸びや息の支えを意識しながら曲集を練習しました。 音程差があるフレーズはスラーがかかりにくいので、息の支えを意識しましょう。

Pal Clarinet schoolのレッスンノート ・・・計67件

Pal Clarinet school ページ先頭へ