サイタ音楽教室クラリネット教室 神奈川 鈴木歩クラリネット教室 レッスンノート 基礎的なこと

基礎的なこと

クラリネット教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

アンブシュア、楽器の角度など、少し疎かになっている部分があるかと思います。
無理な角度などで行うと、息がスムーズに入りにくくなります。
常に気にしながら練習していきましょう。

響きがある音色を目指しましょう。
リードに頼りすぎず、リードをしっかり鳴らしていけるよう練習していきましょう。
このレッスンノートを書いたコーチ

フランス国立音楽院クラリネット科1位!中学吹奏楽部指導もする先生

新着レッスンノート

スケールは、指はまわっていますが、高音域のピッチが不安定になりやすくなっています。 高音域の指に気を取られてしまうと思いますが、ピッチも良く聴きながら練習していきましょう。 エチュードも良く練習出来ています。 ブレスの位置が多すぎるので、ブレスの位置を改めましょう。 エチュードです...

新曲のエチュードの譜読みですが、リズム、テンポがキープ出来ない点があります。 まずは、譜読みの段階でリズムを正確に読み取れるようにしていきましょう。

全体的にはしっかり演奏出来ています。 更にレベルアップする為に、 低音域の響き、音色を気にかけましょう。 高音域のタンギングの質を磨きましょう。毎回タンギングの音色、音程が変わってしまわないよう気をつけていきましょう。

吹奏楽の曲に関しては、日々良くなっています。 高音域な音色のコントロール、音程のコントロールが少し気になりますので、ゆっくりから確認し、安定するように練習していきましょう。

前回のレッスンに比べ、良く練習されているのを感じました。 指の形も良くなっています。 楽器の角度やアンブシュアも良くなっています。 ただ、演奏していくうちに次第と角度やアンブシュアが少し乱れてきてしまうので、常に気をつけて練習していきましょう。 高音域のコントロールや、開放周辺...

レッスンノート ページ先頭へ

クラリネット情報

サイタのクラリネット講師がブログを通して、クラリネット情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

クラリネットの先生

@ClarinetCyta