サイタ音楽教室クラリネット教室 東京 クラリネット&バスクラリネット教室♪ レッスンノート B♭クラリネットレッスン♪

B♭クラリネットレッスン♪

クラリネット教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

●音階
最後の難関でしたが、繰り返し吹いてみて指も馴染んでこられたようです。
鳴りかたは抜群にクリアでしたので、このまま簡単な調に戻りましてもしっかり吹けるかと思います。

跳躍はまだ、柔軟性が欲しいところで、跳躍するその瞬間ではなく、音が移動する直前の微調整を掴んでいただけたらなあと思います。

音の高さをイメージして、飛びすぎないようにしていきたいです。

例えば三度の跳躍と、6度の跳躍では飛ぶ幅が変わりますよね、実際に声に出すのも善いかなあと思います

●教則本
トリル、装飾音符が多い難しい曲ですが、前半はよく譜読みが出来てきたと思いますのでよりスムーズに、
後半はトリル抜きでのタイミングを練習してみました。
装飾音符のスピードを少しだけ速めてみました。
曲想によっても多少変わってきますが、やや早めにしてみました。

カウントしながらトリルを入れた装飾も練習して、あと一息、全体をまとめてみてください♪
このレッスンノートを書いたコーチ

コンクール受賞歴多数!CDリリースも。趣味~音大受験まで幅広く対応

新着レッスンノート

●音階 指がさらさら動くのでそれはとても良好なのですが、一音ごとの重みや深みを意識しながら、より一層レガート重視で練習してみてください。 発音の練習も、息だけの発音をしっかり目にやり、引き続き頑張りましょう。 ●クレプシュ ゆっくりなテンポでやる事がなによりなので、慌てずに練習...

クラブの曲をレッスンしました ●響のある、善い音で吹かれていました。 大体よく吹けていたのですが、よくあるミスは、伸ばしのカウントがなくなってしまうところのようです。 細かい動きの時は全てうまっているのでカウントしなくても大丈夫そうなのですが、伸ばしの音は心の中で、四分音符でカウントす...

楽団の曲をレッスンしました ●ソ→ラのレガート ラ→ソに行く時と同じくらいのレガートになるように息の乗せ方、キーを上げるスピードなどを調節してみてください。 6連符の中もそれぞれの音の動きが滑らかにつながっているか気をつけて練習しました。 スラーの吹き始めを丁寧に、具体的にはその音に重...

●音階 レガートの部分はフィンガリングに気をつけて練習してみたところ、スラーが繋がり落ちついて聞こえる感じが強くなりました。 もう暫く、根気よく頑張ってみましょうあとは息の深さも影響するかなっと思っておりました。 スタッカートの粒にも気をつけて練習できました。 ●教則本 半...

●音階 少しずつ動きに慣れてきました。ラ#→シの動きをスムーズにしたいのですが、ラのキーを押すときに、左人差し指の指の腹で押すのではなく、指の脇あたりがキーに触れるように転がして押すと→シの音に行きやすくなります。 人差し指の動きがポイントになりますので、引き続き練習して参りましょう ...

レッスンノート ページ先頭へ

クラリネット情報

サイタのクラリネット講師がブログを通して、クラリネット情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

クラリネットの先生

@ClarinetCyta