サイタ音楽教室クラリネット教室 東京 クラリネット&バスクラリネット教室♪ レッスンノート B♭クラリネットレッスン♪

B♭クラリネットレッスン♪

クラリネット教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

ソロコンの曲
●カデンツからスタートしました。

細かい音符を少しずつ区切って確認していきました。(カデンツ終了近辺まで)

沢山の連符も、どのように区切ったら聞きやすく、練習しやすいかな?と考えながら譜読みをしていきました。

強弱の指定が小さいところもまずは息をしっかり入れて音を並べましょう。

レジスターを押さないところから→押さないところのように音域が変わるところは、音のつながりが難しいので符点練習などもやって音がなめらかにつながるようにしてみてください。

後半も同じようにゆっくりからのメトロノームを使って練習してみてくださいね~(*^^*)
このレッスンノートを書いたコーチ

コンクール受賞歴多数!CDリリースも。趣味~音大受験まで幅広く対応

新着レッスンノート

●音階 レガート、スタッカートともに程よい鳴り加減でした。 タンギングのコントロール、とても良くなってきたかと思います。 解放近辺のタンギングはあと少し優しく吹きましょう。 高音域の切り替えをしてしまうときはまだ時折あるようでしたので引き続き気をつけて参りましょう。 ●クレ...

●音階 豊かな響きが感じられると心地よく感じます。 リードやエンドピンのセッティング、さらに研究して参りましょう。 リガチャーの位置も考えられているかと思います。 今回はいつもよりも少し深めのように感じました。 位置や締める加減もリードによってもその都度、僅かながら変わってくるか...

●音階 音域が変わるところの繋がりも随分良くなってきました。 慣れてきた調はテンポを上げても良さそうです。 前に吹いていた調の♭や#を引きずってしまうことも少なくなってきました。 リードのセッティングも少し変わると変化しますので、引き続きベストな鳴りを探して参りましょう。 ...

●音階 スラーでたっぷり吹き込んでからタンギングをやりました。 高音域のスラーは途切れないように単音ずつ吹いて徐々につなげる練習もやりました。 大分、形が見えるようになりましたが、中音域はあと少し息を入れましょう♪ ●クレプシュ よく吹けていました。 曲想も出していきたいの...

オーケストラの曲をレッスンしました ●まずはセッティングを見せていただきました。 抵抗がやや強いマウスピースを使われているので、リードを軽くするか(→V12三番)、マウスピースを楽なものに(5RVライヤー)代えて練習もしてみました。 A管も吹かれるので軽くしておくとクレッシ...

レッスンノート ページ先頭へ

クラリネット情報

サイタのクラリネット講師がブログを通して、クラリネット情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

クラリネットの先生

@ClarinetCyta