サイタ音楽教室クラリネット教室 東京 クラリネット&バスクラリネット教室♪ レッスンノート B♭クラリネットレッスン♪

B♭クラリネットレッスン♪

クラリネット教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

ソロコンの曲
●カデンツからスタートしました。

細かい音符を少しずつ区切って確認していきました。(カデンツ終了近辺まで)

沢山の連符も、どのように区切ったら聞きやすく、練習しやすいかな?と考えながら譜読みをしていきました。

強弱の指定が小さいところもまずは息をしっかり入れて音を並べましょう。

レジスターを押さないところから→押さないところのように音域が変わるところは、音のつながりが難しいので符点練習などもやって音がなめらかにつながるようにしてみてください。

後半も同じようにゆっくりからのメトロノームを使って練習してみてくださいね~(*^^*)
このレッスンノートを書いたコーチ

コンクール受賞歴多数!CDリリースも。趣味~音大受験まで幅広く対応

新着レッスンノート

●マウスピースについて 付属品よりも別に選定したものを使われた方が音色や息の入り方など改善出来る事が沢山あるというお話をしました。 個体差もあり、個人差もありますのでベストなものを見つけて参りましょう♪ ●シ♭ 鳴りにくい音ですが、指使いで少し調整も可能なお話をしました。 あ...

●音階 低音の鳴り方は豊かな響きで、落ち着いた太い音でした。息の出し方もストレスがなく、自然な流れでとても善かったと思いました。 中音域の「ミ♭」が少し鳴りにくいようでした。 キーを押すために指全体の力や、口の力が必要以上にかかってしまうのかもしれません。 「レ」など比較的鳴ら...

オーディションの課題をレッスンしました ●半音階 少し慣れてきたのでスタッカートとスラーで練習しました。 指の動かしかたで覚えてきはじめていますが、今度は楽譜を見て、「この音はこの指!」と、直ぐにその指が解るようにしておいてください。 特に小節の頭の音と、拍ごとの頭の音がメトロノー...

●音階 テヌート、スタート重視で練習しました。 テヌートでは、息をしっかり入れて太く響かせて吹いていきました。 跳躍はゆっくりなテンポで吹くと安定してきました。 丁寧に吹くときと、思いきって息を入れるコントロールを繊細に頑張りました。 引き続き頑張りましょう。 ●クレプシュ...

アンサンブルの曲をレッスンしました ●アンブシュア 顎の筋肉の集まりかた、散らしかたを研究しました。 下に引き下げる状態にはするのですが、下げることを意識し過ぎてしまいますとアンブシュアが固くなり、噛む力が強くなりすぎてしまいます。 いわゆるほどほどに…ということなのですが、(...

レッスンノート ページ先頭へ

クラリネット情報

サイタのクラリネット講師がブログを通して、クラリネット情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

クラリネットの先生

@ClarinetCyta