サイタ音楽教室クラリネット教室 東京 クラリネット&バスクラリネット教室♪ レッスンノート B♭クラリネットレッスン♪

B♭クラリネットレッスン♪

クラリネット教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

練習のやり方について
●部分ごとに区切ってゆっくりからメトロノームと練習が基本ですよね。

ゆっくり練習しているうちに、吹きたい強弱、ニュアンス、方向性などを考えながら吹き、指が回らないところは符点練習、アーティキュレーションを変えながら練習しました。

発音の性格も、丁寧に考えながら練習しましょう。

●大体の目標テンポも定めて、そこでブレスをすることも考えながら、ゆっくりテンポの時は臨機応変にブレスをしていきます。


●徐々にテンポは上げていきますが、テンポを上げるバロメーターとして、何回続けて吹けるとか、大まかに決めて、1日の目標区間までたどり着けるように練習しましょう。~(*^^*)
このレッスンノートを書いたコーチ

コンクール受賞歴多数!CDリリースも。趣味~音大受験まで幅広く対応

新着レッスンノート

楽団のアンサンブルの曲をレッスンしました ●リードの選択 軽いものでは音色に差し支えありますが、厚くてもリードミスや発音がやりにくい場合もありますので、丁寧に選んで参りましょう。 タンギングするところと、中音域の発音が上手くいくのを基準にして選んでみてください。 ●細かい音符 ...

●音階 1番を一息で吹ける目標は慣れてこられたようです。 高音域はあと少し、怖がらずに思いきれると善いかと思います。 跳躍でもタンギングをやり、狙いを定める練習をしました。 そこからレガートにして、さらにコントロールの練習をしました。 ●クレプシュ タンギングですが、短調を...

●音階 「ミ♭」は今回も少し鳴りにくいようでした。 小指の力加減ですが少し軽くなれるとバランスがとれそうな予感でした。 ・「ミ♭」だけ取り出してロングトーンしてみたり ・ミのナチュラル→ミ♭を吹いてみたり ・左親指のレジスターを押していないソ#→レジスターを押してミ♭にしてみ...

●音階 しっかりと吹かれていました。 高音域は恐れず、逆に立ち向かうように(笑)しっかりと息を入れていきましょう。 ひっくり返り防止に、吹き終わるときは口を締めてしまわないように、最後までリラックスしたアンブシュアで吹き終わりましょう。 心のカウントを、音の一つ一つではなく、2...

クラブの曲をレッスンしました ●新しいマウスピース とても善い感じで吹いていました。 うっかり落とすことなく、特に先端に気をつけて大切に使ってくださいね ●堂々とした感じの曲は、息をしっかりと入れて元気良く吹く練習をしました。 リズムをまねしてもらいながら吹きました。 ...

レッスンノート ページ先頭へ

クラリネット情報

サイタのクラリネット講師がブログを通して、クラリネット情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

クラリネットの先生

@ClarinetCyta