音楽教室クラリネット教室レッスンノート コンクール曲 ソロ

コンクール曲 ソロ

クラリネット教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンお疲れ様でした^_^。いよいよ新年度ですね、そしてコンクールに向けて進み始めました(^o^)。

アイヒラーのスケールに取り組んで熱心ですね。少し難しいと思いますが指使いなど慣れてしまえば出来るようになると思います。クラリネット奏者なら誰もが取り組むスケールなのでスラーやタンギング、アーティキュレーションも変えて練習してみましょう。
コンクールのソロはとても重要ですね。今日のリードは少し重めでしたが、艶のある音色になるように、アイヒラーの音階含め、高音域のロングトーン・音階は継続して行きましょう。

ソロですが、ブレスを早目に準備して音の立ち上がりに注意しましょう。三連符の最初の休符で遅れないように、音を入れての練習も効果的ですね。伸ばしの音で少し収めて、また次のフレージングにテンションをつなげましょう。そして、アーティキュレーションがきつくなり過ぎないように、滑らかにつなげた方がフレージングが綺麗につながると思います。指使いなども注意して、より効率的にフレージングがつながるようにしましょう。
大切なのは、やはり『音楽』なので、自分の音をより細かく聴いて練習してみてくださいね(*^_^*)。
このレッスンノートを書いたコーチ

パリ音楽院に留学経験あり。豊富な指導経験で初心者も安心のレッスン

スズキクラリネットスクール
鈴木貴子 (クラリネット)

新松戸・西船橋・松戸・南柏・柏・我孫子

レッスンノート ページ先頭へ

クラリネット情報

サイタのクラリネット講師がブログを通して、クラリネット情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

クラリネットの先生

@ClarinetCyta