音楽教室クラリネット教室レッスンノート A管クラリネットレッスン♪

A管クラリネットレッスン♪

クラリネット教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

●スケール
A管の分だけ思い切って息を入れて鳴らしていきたいです。高音も低音もたっぷり鳴らしました。まずは始めの音の音量が軽く鳴らないようにいつも意識していきましょう。

タンギングは、少し余韻があるようにしてみました。

跳躍丁寧にできました。音が変わるところで弱くならずに息をつなげながら、積極的なレガートが出来ると、より一層善い練習にもなると思います~(*^^*)

●ローズ
こちらもタンギングの長さを研究しました。スピードが乗ってくると、どうしても発音がきつくなってしまって、音程にも影響されているのが勿体無いかなあと思います。

スラーで音程、音色を確認してから、スラー→スタッカートまで徐々に短い発音にしていきました。スタッカートになるまでに音色、音程が変わらないように、もうひと踏ん張りしてみてください。

●モーツアルト
16分音符はひたすら符点練習をして均等にしていってください。

全ての音に意見を持たせます。特に8分音符よりも長い音はクレッシェンド、デクレッシェンド、音量を、事細かに計画してみてくださいね♪~(*^^*)

●リード?リガチャー?
仕掛けで随分音も変わり、気持ちも変わると思います。好きな仕掛けで練習できる前は、その、限られた仕掛けの中で一番好きな音が出るように、息や口の加減を特に敏感にコントロールしてみてくださいね♪
このレッスンノートを書いたコーチ

コンクール受賞歴多数!CDリリースも。趣味~音大受験まで幅広く対応

クラリネット&バスクラリネット教室♪
池田めぐみ (クラリネット)

渋谷・新宿・池袋・秋葉原・南浦和・浦和・戸田公園・蕨

レッスンノート ページ先頭へ

クラリネット情報

サイタのクラリネット講師がブログを通して、クラリネット情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

クラリネットの先生

@ClarinetCyta