サイタ音楽教室クラリネット教室東京 楽しいクラリネット教室 スクールブログ 基礎練習♪

基礎練習♪

今日は基礎練習についてのお話です。

私の基礎練習のメニューはおもに、
・ロングトーン
・スケール
・エチュード
の3つです。
今はちょっと親不知がはえてきて思うように練習できませんが、
必ず基礎練習は行います。

私が尊敬する若い奏者が、
「例えば毎日腕立て伏せをしていると、やる前と後では
 筋肉が付いて変化が起きますね。
 クラリネットでも、ロングトーンをした後では
 伸びやかな音が出せるようになります。」
と言っていました。
彼はコンクールで優勝するような素晴らしい実力の持ち主ですが、
そういう人でも、毎日必ず基礎練習から始めるのです。

基礎練習は楽しい曲を自由に吹くわけではないので、
退屈で、辛いと思ってしまうときもあるかもしれません。
しかし、毎日基礎練習をしている人としていない人では、
上達のスピードも全然違うんですよ。

私は高校からクラリネットを始めた、
(それまではずっとピアノ専攻でした。)
スロースターターですが、
毎日毎日基礎練習を続けた結果、
君は人より上達が早い。と先生に褒められました。

また、自分がどんな音になりたいのかという目標があると
上達も早いですね。
演奏会に行ってみたり、CDを聴いてみたりして、
好きな音を探してみてください♪
私は、今師事している磯部周平先生の音がとても好きです。
先生のCDもたくさん出ていますので、
機会があったら聴いてみて下さいね♪


♪今日練習した曲と聴いた曲♪
・J.ブラームス クラリネットソナタ作品120-2
・ビートルズ ベストアルバム
・G.ガーシュイン 3つの前奏曲
           パリのアメリカ人



 

(2007年9月6日(木) 11:37)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

後進の指導ベテラン!一人一人のゴールに∞のアプローチ見つけます

新着記事

こんにちは。 今日はクラリネット以外の勉強について 少しお話したいと思います。 私は今、ブラームスの曲を練習しています。 曲の練習はとても大切ですが、 曲の練習以外に、作曲者についてや、 作曲者が書いた他の曲についても、 知っておくことが重要です。 ということで、 今...

今日は基礎練習についてのお話です。 私の基礎練習のメニューはおもに、 ・ロングトーン ・スケール ・エチュード の3つです。 今はちょっと親不知がはえてきて思うように練習できませんが、 必ず基礎練習は行います。 私が尊敬する若い奏者が、 「例えば毎日腕立て伏せをしてい...

みなさんこんにちは! クラリネット吹きの石井です♪ 今日私は、学校の練習室に篭って、 ずっとクラリネットを吹いていました。 今日は特に、 Boz Scaggs の We are all alone という曲が気に入って、ずっと吹いていました♪ この曲は1976年のポップス曲ですが...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、クラリネットレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ