全国5万人が受講している「サイタ」

クラリネット教室・レッスン

クラリネット教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室クラリネット教室埼玉 片桐クラリネット教室 スクールブログ スワブが詰まっ...

スワブが詰まったお話

クラリネットを吹いていると水が管内に溜まっていきます。そのまま吹き続けると、管のホールを塞いでいるタンポという部分に水が溜まり、タンポをキイで持ち上げて音を出すと「ブルブル」と水が震える音が鳴ってしまいます。

それを防ぐ為に、クリーニングスワブという紐付きの布をこまめに管内に通して、水分を拭き取ります。紐の先には、通しやすくする為におもりが付いています。

演奏会の本番中でも、自分が休みの部分を利用してスワブを通すのですが、ある演奏会の時、休みの所でスワブを通したら・・スワブが管内で詰まってしまったのです(´`:)
紐を何回引っ張ってもスワブが出てきません。

スワブを通す際は、布をよくほぐしてから通せばこんな事にはならないのですが・・・ほぐれ方が足りなかったのかもしれません。

焦っているうちに、自分の出番が迫ってきます。中にスワブが詰まったままでは音がまともに出ないので、何としてもスワブを抜かなければならないのですが・・。

それで、今までよりもかなり力を入れて引っ張ってみました。管の内側に飛び出しているチューブもあるので、本当は力を入れ過ぎて引っ張るのは良くないのですが、しかたなくやってみたら・・抜けました!

しかし、抜けた瞬間に、勢い余って紐先のおもりがクラリネットのベルに当たり、「カン!」と鳴りました(´`:)。たぶん、客席にまで聞こえていたと思います・・。
最後まで恥ずかしい思いを抱えたまま、演奏をしました(´`:)。

もう随分前の事ですが、今でもよく覚えています。

スワブの取り扱いは慎重にしたいですね(^_^)

 

(2016年3月1日(火) 23:57)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

コンサート出演多数!初心者には楽譜の読み方から丁寧に、上達をサポート

片桐クラリネット教室
片桐晴美 (クラリネット)

東川口・南越谷・越谷レイクタウン・北千住・西新井・竹ノ塚・草加・越谷・せんげん台・春...

ブログ記事 ページ先頭へ