サイタ音楽教室クラリネット教室東京 クラクラクラクラリネットスクール スクールブログ ぼうや

ぼうや

こんにちは。

今日はボウヤの説明をしようかと・・・

オーケストラによって違うのですが、
こうやって学生等に頼む所と、会社に依頼して派遣してもらう所等色々あるらしいです。
あまり分かっていません・・・w

で、仕事内容はまず練習や本番の前、オーケストラの団員さんが来る前に、
専属のトラックから楽器を降ろし、舞台まで運ぶ。(打楽器やコントラバス等大きいもの。)
そして舞台のセッティングを行う。(イスや譜面台、降ろした楽器を並べる)

練習が始まったら楽屋番やコーヒー作り。
曲によって編成が違ったらその都度ステージマネージャーさんのお手伝い。

練習or本番が終わったら舞台の片付け、またトラックに積み込む。

とこんな感じです。説明がおおざっぱですね~w
次の日も同じ場所だったりすると片付けがなくてラッキーデイですw


先日、アルバン・ベルク作曲ヴァイオリンコンチェルトがあるプログラムがありました。
この曲はとても好きな曲の一つで、楽しみにして行きました。
お願いして本番中、音響室でスコアを見ながら聴かせてもらいました。



・・・やっぱり良い曲・・・
無調なのにロマン派の様な・・・
クラリネットでもあれば!!

あるんです!!
4つの小品という曲です。
すっげー短いですw
しかしあまりベルクの素晴らしさは・・・??
1度演奏したのですが、お客さんから『?』マークが出ていましたw

ベルクの師匠のシェーンベルクにこの曲を見せたとき、ボツ的な事を言われたらしいです。w

でもベルクは良い作品が多いです!要チェックです!


好きな作品・・・
ピアノソナタ
叙情組曲
弦楽四重奏
歌劇ヴォツェック
歌劇ルル
ヴァイオリンコンチェルト

では~

 

(2008年9月30日(火) 0:53)

前の記事

ブログ記事 ページ先頭へ