プログラミングスクールC言語プログラミング入門講座レッスンノート ガイダンス・アルゴリズムの基礎 など

ガイダンス・アルゴリズムの基礎 など

C言語プログラミング入門講座のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

3/15の体験レッスンの内容は、以下の通りです。

 ・ ガイダンス
 ・ プログラミングに必要なスキル
 ・ 文法項目一覧
 ・ プログラミング言語の種類
 ・ アルゴリズムの基礎

□ ガイダンス

レッスンの冒頭で、ガイダンスを実施しました。

現状の確認、今後の目標のヒアリングもこの中で実施しました。

□ プログラミングに必要なスキル

大きく分けて、以下の2種類のスキルを習得する必要があります。

 (1) 文法面のスキル
 (2) アルゴリズム面のスキル

(1)は知識スキル、(2)は思考スキルに分類されるものになります。(2)のほうが重要度は高いです。

アルゴリズムという用語は、料理にたとえればレシピのようなものです。

作りたいプログラムに対して、どんなデータを使ってどのような順番で処理していけばいいかを明確にしたものが、アルゴリズムです。

アルゴリズムは、一般的にはフローチャートと呼ばれるもので表現します。

フローチャートができてから、それをプログラミング言語で表現する際に(1)のスキルが必要になる、という流れになります。

□ 文法項目一覧

さて、C言語の文法にどのような項目があるかの一覧を、機能ごとに記したのが以下のものになります。

 ・ 入力・出力
 ・ データと型
 ・ 演算
 ・ 配列
 ・ 制御文
 ・ 関数
 ・ ポインタ
 ・ 構造体
 ・ ライブラリ
 ・ その他

□ プログラミング言語の種類

性質面で分類すると、以下の2種類になります。

 ・ コンパイラ言語
 ・ インタプリタ言語

前者の例としては、C言語やC++、Java、Fortranなどがあります。

後者の例としては、PythonやRubyなどがあります。

□ アルゴリズムの基礎

アルゴリズムの基礎として、

 ・ 順次
 ・ 選択
 ・ 反復

の3つの基本処理があること(図も含めて)、そしてどんなプログラムもこれら3つの基本処理の組み合わせで作れることをお話ししました。
このレッスンノートを書いたコーチ

富士通でソフトウェア開発を担当。楽しいプログラミングの醍醐味、教えます

楽しめるC言語セミナー
源田雄一 (C言語)

品川・横浜・戸塚・目黒・渋谷・新宿・武蔵中原・溝の口・立川・新横浜・中山・長津田・成...

レッスンノート ページ先頭へ