サイタプログラミングスクールC言語プログラミング入門講座大阪 C言語プログラミング入門講座 スクールブログ プログラムを作...

プログラムを作りたい。でもどの言語を選べばいいの?

そもそもプログラムとは、
人間が行う必要のない定型作業をコンピュータに処理させ、
人間は人間にしかできない創造的な作業に集中できる様にするため、
人間がコンピュータに指示する考え方や方法を規定したものだと考えております。

世の中には約200を超えるプログラム言語が存在します。
その中からあなたが解決したい課題をクリアするのに、
必要十分なプログラミング言語を調査し選択し、
効率よくプログラミングすることが重要です。

では、どんなプログラミング言語を選べはよいのか?
人工知能(AI)などの特殊な研究、
ホームページ作成などに特化したプログラム言語を除き、
世の中で広く利用されているプログラム言語は以下の通りです。

(1) 仮想機械(VM)上のプログラミング言語Javaと、
Microsoft .Net Framework上のプログラミング言語
(Visual BASIC, Visual C#など)
(2) C/C++言語(とMicrosoft MFC/+Win32などの拡張ライブラリ)
(3) Qt(C++言語仕様を拡張した開発環境)

それぞれの言語の特徴は以下の通り。

(1)はソースコードよりコンパイラが、コンピュータを直接動かすことのできない中間コードを生成します。仮想機械(VM)または.NET Frameworkといった別のプログラムが、この中間コードの内容をちくいち解釈し、コンピュータへの命令に翻訳しながら実行します。この別プログラムががWindows OS用、Mac OS用、Linux OS用と別々に存在することで、一度プログラミングした内容がOSの垣根を超えて動作するメリットはあるものの、中間コードの翻訳とコンピュータへの命令変換が実行中は常に行われるので、高速な処理を要求するプログラムには不向きです。

(2)はソースコードよりコンパイラが、コンピュータを直接動かすことが出来る機械語コードを生成します。プログラムの実行スピードは抜群に早いですが、Windows OS用、Mac OS用、Linux OS用のプログラムを生成する場合、原則的にそれぞれのOS用にプログラムのソースを書き直しコンパイルする必要があります。また、C/C++言語とMicrosoft MFC/+Win32などの拡張ライブラリの習得という点で、Javaや.NETプログラミング言語より習得コストが高く、プログラム入門者にはハードルが高く思います。

(3)はソースコードよりコンパイラが、コンピュータを直接動かすことが出来る機械語コードを生成します。プログラムの実行スピードはC/C++同様に早く、一度書いたプログラムは原則的に、Windows OS用、Mac OS用、Linux OS用にコンパイルすることで実行可能なモジュールを生成できます。また、Javaや.NETよりも遥かに洗練されライブラリがはじめから準備されていますので、開発効率はピカイチで、Javaや.NETより自由度の高いプログラミングが可能です。

最後に、
小生のおすすめは、Qtです。
Qtは、携帯電話で有名なフィンランドのNokia社が開発し誕生しました。今は買収もろもろでフィンランドのDigia社がライセンスを所有し、日本国内での代理店はSRA社です。

Qtプログラミングを始めたいかた、習得したいかたは、
何時でもウェルカムです。
是非とも小生のレッスンをご利用ください。

以上、それでは皆様ごきげんよう。

 

(2017年9月30日(土) 13:45)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

世界を股にかけたシステム開発!情報処理技術者100%合格の実績あり

C言語プログラミング入門講座
北本吉司 (C言語)

新大阪・梅田/大阪・星田・住道・京橋・千里中央

ブログ記事 ページ先頭へ