全国5万人が受講している「サイタ」

C言語プログラミング入門講座・スクール

C言語プログラミング入門講座・スクールを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

プログラミングスクールC言語プログラミング入門講座神奈川 楽しめるC言語セミナー スクールブログ データの型

データの型

C言語に限らず、プログラミングにおいて演算処理をさせることは不可欠と言っていいでしょう。

ということで、今回から何回かに分けて演算処理をプログラミングする上で必要なことを書いていきます。

その1回目は、「データの型」です。

このデータという呼び名は、「変数」と「定数」をまとめたものとお考えください。

さて、ここでは変数を中心に説明します。

プログラム中に、

 short int a;

のような記述を、何度も目にすることと思います。

aというのは、変数であることを示す「識別子」と呼ばれるものです(識別子については、講座で詳しく触れます)。

そして、aの左側に書かれている「short int」というのが、aという変数の型を決めるキーワードです。

詳しくは後述しますが、この記述では「2バイトのサイズのaという変数」を宣言した、ということになります。

さて、この型を表すキーワードには、主に以下のものがあります。

 char(1バイトの大きさの文字型)
 short int(2バイトの大きさの整数型)
 long int(4バイトの大きさの整数型)

 (※)1バイト=8ビット。ビットについては「2進数の考え方」を参照してください。

上記以外に、floatやdoubleといった小数点を扱う型もありますが、まずは前述の3つの型を使いこなせることが目標となります。

なお、shortやlongを省略して単に「int」と書いてもOKですが、この場合はコンピューターによって2バイトになるか4バイトになるか変わるため、注意が必要です。個人的には、shortやlongをつけることをおすすめします。

次の回では、1バイト、2バイト、4バイトの整数で取り扱える数値について書いていきます。

 

(2014年2月18日(火) 0:53)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

富士通でソフトウェア開発を担当。楽しいプログラミングの醍醐味、教えます

楽しめるC言語セミナー
源田雄一 (C言語)

品川・横浜・戸塚・目黒・渋谷・新宿・武蔵中原・溝の口・立川・新横浜・中山・長津田・成...

ブログ記事 ページ先頭へ