サイタプログラミングスクールC言語プログラミング入門講座神奈川 楽しめるC言語セミナー スクールブログ 2進数の考え方

2進数の考え方

C言語によるプログラミングをはじめるにあたり、まずは「数値表現」に触れておく必要があります。

日常生活で私達が扱っている、0〜9の数字からなる数値表現(例えば1234、など)。この表現は、「10進数」と呼ばれるものです。

一方、コンピュータなど情報処理の分野では、「2進数」による数値表現が当たり前のように出てきます。つまり、すべての桁を0か1のみで表すのです。

たとえば、「10110」のような感じになります。さて、これは10進数で表すといくつになるでしょう?

正解からいうと、「22」になります。

2進数では、一番右の桁から順番に「2の0乗の位」、「2の1乗(=2)の位」、「2の2乗(=4)の位」、...となっていきます。

そこで、冒頭の「10110」。これは、2の4乗(=16)、2の2乗(=4)、2の1乗(=2)の桁が1になっていますので、10進数に直すと16+4+2で、22になるわけです。

ちなみに2進数における桁のことを、情報処理の世界ではビット(bit)と呼んでいます。また、データのサイズ表現で用いられる1バイト(byte)の大きさは、8ビット分に相当します。

ということでプログラミングをするにあたって、2進数の考え方に慣れておきましょう。

 

(2013年12月21日(土) 1:21)

前の記事

次の記事

新着記事

コーチの源田です。 かなり久々のブログ更新になります。 今回は、これまでのプログラミングレッスンを通して再認識したことを記します。 タイトルにも記しましたが、それは  ・ アルゴリズムを作る練習の重要さ です。 アルゴリズムとは、 ・コンピュータに何ら...

源田です。 こちらの投稿は、かなりひさびさになってしまいました。 さて、最近Android用アプリ開発ツールである「Android Studio」(Android公式のもの)に注目しています。 というのも、最新のバージョン(2.2)でCやC++まわりの連係が強化されたから、な...

しばらく、更新が滞ってしまいました。すみません。 今回は整数の範囲に関する余談のその2、未来起こりうる話について書きます。 本題に入る前に、かつて「2000年問題」という騒動が起こったのを覚えていますでしょうか? これは、年に関する処理を誤ることでコンピュータが誤動作する可能...

今回から2回にわたり、整数の範囲にまつわるお話を書きたいと思います。 その1は、過去(現在でもあるかも)のお話です。 1986年5月に、後に日本を代表するロールプレイングゲーム(RPG)シリーズの初代となるゲームが発売されました。 そのゲームとは。。。ファミコン版のドラゴンク...

前回は、整数の範囲について書きました。 その最後で、「負の整数の2進数数値表現は、どのようになるのか」という点に触れました。今回は、この点について書きます。 まず、結論から書きます。 負の整数の2進数数値表現は、「正の整数の2進数数値表現の全ビットの0/1を入れ換えて、最後に...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、C言語レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ