全国5万人が受講している「サイタ」

津田沼駅周辺の中国語教室・講座をプライベートレッスンで探す

津田沼校

中国語入門者も安心!
日時を選べる個人レッスンです

津田沼駅の中国語教室・講座を探すならプライベートレッスンのサイタ。人気の中国語教室・講座は汪江平先生の目標達成に実績あり!話す・聞く・読む・書く・訳すを並行してマスター、趙恬恬先生の中国出身で勤務経験有。日常会話やビジネスシーンもレッスン可能なコーチなどです。現在、3件の中国語教室・講座があります。

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

60分あたり3,700円〜の
低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

無料体験レッスンの申込みはこちら

サイタ語学の習い事中国語教室 千葉 津田沼

汪 江平 

教育方針: 学習を継続できるよう「やるしかない」と思えるようなフォローを様々な角度から行います。そして、成果を楽しみに学習を進めます......

  • 中国語入門者歓迎
  • 月1回〜
  • マンツーマン

体験レッスン感想(1件)

レッスン開校曜日
  • 月
  • 火
  • 水
  • 木
  • 金
  • 土
  • 日

60分間(個人レッスン) 3,700円

  • 詳しく見る
  • このコーチの無料体験レッスン

目標達成に実績あり!話す・聞く・読む・書く・訳すを並行してマスター

江平の中国語教室

趙 恬恬 

語学は地道な努力が必要とされます。しかし頑張れば頑張った分だけ成果が出ます。才能の有無は関係ありません。 はっきり言って、中国語は難......

  • 中国語入門者歓迎
  • 月1回〜
  • マンツーマン

 

レッスン開校曜日
  • 月
  • 火
  • 水
  • 木
  • 金
  • 土
  • 日

60分間(個人レッスン) 3,700円

  • 詳しく見る
  • このコーチの無料体験レッスン

中国出身で勤務経験有。日常会話やビジネスシーンもレッスン可能なコーチ

会話で覚える中国語

裴 蕊 

間違えてもいいので、とりあえず大きな声で発音をしてみましょう!...

  • 中国語入門者歓迎
  • 月1回〜
  • マンツーマン

 

レッスン開校曜日
  • 月
  • 火
  • 水
  • 木
  • 金
  • 土
  • 日

60分間(個人レッスン) 3,700円

  • 詳しく見る
  • このコーチの無料体験レッスン

中国東北部出身のネイティブコーチ!会話を中心とした楽しく続くレッスン

蕊の中国語教室

津田沼の中国語教室・中国語講座 ・・・計3件

津田沼 中国語教室・中国語講座 ページ先頭へ

人気のエリアに絞り込む

サイタで人気のプライベートレッスンを受けられる都道府県・エリア一覧です。

【留学前に知っておくべきこと 特有のマナー】
まず、食事についてのマナーです。食事を始めるときは主賓が箸をつけるまで、食事を始めない。お酒を目上の人に進めたり、目上の人に注いでもらったりしない。小皿の料理は、器に口を付けて食べない。お皿を持って食べない。日本では、お皿を持って食べた方がいいように思いますが、中国ではダメなようです。次に箸の置き方ですが、食器の上におくのはダメだそうです。(死を意味するため)魚の食べ方もひっくり返して食べてはだめです。(船の転覆を意味する)最後に食べ残しについてですが、これはいいそうです。(満足、満腹を表現するため)食事のマナーにもやはり日本と異なるところがありますね。次にいきます。 煙草に関してですが、人前で吸うときは相手にも進めるのがマナーです。食事中は一緒にいる人に伺ってからです。これは、日本でも近いものがありますね。「よかったら一本どうぞ」みたいな感じですね。次に、贈り物をするときの注意点なのですが、中国では、奇数を嫌い、偶数を好むこと。時計や傘・扇子は不吉な贈り物として嫌われるので注意してください。扇子はともかく、時計と傘は日本では割と送ることがあります。傘は便利だしあって困るものではないですし、時計はブランド物などは好まれる傾向があり、贈って嫌われるとは思わないでしょう。日本で喜ばれるから中国で喜ばれるとは限らないということです。次にいきましょう。 トイレですが、人が入ってるかどうかノックするのではなく、言葉で聞くことです。理由は中国では鍵をかける習慣があまりないためです。次に、道路についてですが、これは安全上のことなのでしっかり覚えててほしいのですが、歩行者優先の意識は皆無であるということです。私たち日本人は、基本的なこととして知っていますが、ほとんどが歩行者優先になっています。しかし、中国ではそれがないので、日本の感覚で歩いていると事故にあっても何ら不思議ではありません。なので、たとえ信号があっても注意してわたるように心がけてください。これは国としての意識の違いと言えることなので、こちらが注意するしかないでしょう。

ご質問やご相談は、お電話でも受け付けています。
サイタ事務局までお気軽にお問い合わせください。

ウィンドウを閉じる