サイタ語学の習い事中国語教室大阪 一期一会の中国語 スクールブログ ゴッホ展(兵庫...

ゴッホ展(兵庫県立美術館)

ゴッホの特別展を小学生の息子と観てきました。
私にとっては、2013年の京都特別展以来のゴッホ展です。

今回の主賓は「糸杉」(1989年/メトロポリタン美術館蔵)でした。
息子も一番印象に残ったようです。

しかし、新型肺炎などどこ吹く風の如く、
たいへんな数の人、人でした。
日本におけるゴッホの人気を目の当たりにしました。

 

(2020年2月24日(月) 20:22)

前の記事

この記事を書いたコーチ

駐在員として長期滞在!ネイティブレベルの発音力になるポイントを解説

新着記事

ゴッホの特別展を小学生の息子と観てきました。 私にとっては、2013年の京都特別展以来のゴッホ展です。 今回の主賓は「糸杉」(1989年/メトロポリタン美術館蔵)でした。 息子も一番印象に残ったようです。 しかし、新型肺炎などどこ吹く風の如く、 たいへんな数の人、人でした。 ...

新年あけましておめでとうございます。 引き続き、または今年新たにご縁をいただく皆様、 本年もよろしくお願いいたします。 タイトル通り、昨年の読書記録です。 2020年の資格勉強に時間を使ったので(言い訳?) 例年より少なめになっています。 1月 ・『カンブリア宮殿 村上龍...

最近の技術の進歩はすごいもので、 外国語分野に限定しても、自動翻訳機など素晴らしいものが出てきているようですね。 「ドラえもん」の世界ももうすぐかな、と思うほどです。 では、外国語を学ぶ意味は果たして、今後どうなるのでしょうか。 結論を言ってしますと、言葉は人間が意思疎通をするもの...

外国語を学ぶということ。 きっと多くの日本の方にとっては、簡単ではないと思います。 その理由の一つに「学校英語学習による弊害」があるでしょう。 最近よく見かけませんか?こんな広告 「中学3年間の英語だけで会話ができる」 正しいと思います。 私の専門は英語ではなく中国語ですが...

レスリー・チャン(張國榮)がこの世を去って、4月1日で16年でした。 去年は15年ということもあって、いろいろあったみたいなので、あえて16年目に。 『さらば、わが愛/覇王別姫』(1993) 『逢いたくて、逢えなくて/夜半歌聲』(1995) 香港版オペラ座の怪人 『君さえいれば/金...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、中国語レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ