サイタ語学の習い事中国語教室東京 さとるの中国語教室 スクールブログ 2.代表的なS...

2.代表的なSNSは「weibo」と「Wechat」

中国においてよく使われるソーシャルメディアは「Weibo」と「Wechat(微信)」です。Weiboが中国版のTwitter、Facebookといった特徴があるのに対し、Wechatは日本で使われているサービスでいうとLINEのような機能を持っています。Wechatはスマートフォンだけで使うことができる、プライベートなやりとりを行うサービスです。Wechatのアクティブユーザー数は約6.2億人と、Weiboと比べても非常に多い数になります。Wechatは中国で広く用いられていますが、どちらかというと友人とのやりとりに特化したクローズドなツールであるため、広く情報を拡散したい場合にはWeiboをおすすめします。

 

(2019年10月9日(水) 7:47)

前の記事

次の記事

新着記事

中国人がWeiboを利用する大きな理由は、情報の収集をすることです。Weiboで口コミを入手して、そこから気に入ったものを購入リストに含める人も多いです。その場で購入に至るケースもあれば、日本に旅行に来たときに購入するためのショッピングリストに追加する人もいるでしょう。Weiboは購買に直結す...

中国においてよく使われるソーシャルメディアは「Weibo」と「Wechat(微信)」です。Weiboが中国版のTwitter、Facebookといった特徴があるのに対し、Wechatは日本で使われているサービスでいうとLINEのような機能を持っています。Wechatはスマートフォンだけで使うこ...

中国では、インターネット上の規制が多く、インターネットの使い方が独特です。例えば、Googleは2010年から使用できなくなり、世界的によく使われているTwitter・Facebookといった代表的なSNSも2009年以降はアクセスできなくなっています。2014年にはLINEも遮断され、日本で...

中国ではweiboの個人アカウント数が約5.6億人と、非常に多くの人が利用しています。他にも世界的に使われているSNSがあるのに、なぜWeiboのユーザーがそれほど多くなるのか疑問に思う人もいるでしょう。weiboのユーザー数の多さは、中国特有のインターネットの規制と関係しています。中国では検...

中国語による表記は翻訳ツールによって理解することができます。基本的な「Home」「Message」「Settings」などの表記は英語で表示するように設定可能です。少し英語がわかれば、サインアップすること自体は行うことができるでしょう。Weiboの新規登録は、パソコンから行うか、スマートフ...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、中国語レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ