サイタ語学の習い事中国語教室大阪 一期一会の中国語 スクールブログ 「上海」がテー...

「上海」がテーマの小説

これまで何冊か中国関連の書籍を読んできた中で、「上海」をテーマにした小説を紹介します。

『上海クライシス』春江一也著
元外交官の著者が中国を舞台にした渾身の外交サスペンス。時代的には911アメリカ同時多発テロから北京五輪前夜まで、男性向けですが、切ない恋愛やウイグル事情も交錯して読み応えは十分な作品。

『上海ベイビー』衛慧/ 桑島道夫訳
中国のアンダーグラウンドな世界を描いた作品。好き嫌い分かれますね、私的には苦手。

『月下上海』山口恵似子著
戦時中の上海を描いた作品、主人公は凛とした貴族出身の日本女性。往年の昼ドラマにありそうな設定と展開。

『ナンバーナイン #9』原田マハ著
中国という国において美術品やその鑑賞というものがいかに文化として成熟していないかは、住んでいて本当に感じましたが、こちらは日本と上海を舞台とした大人な恋愛作品。


中国関連書籍もそれなりに読んできて、上海、かつ小説というジャンルで抜き出してみると、以外に少なかった。しかしこうして並べてみると、「魔都上海」という言葉がしっくりくるなと感じました。

 

(2019年3月17日(日) 11:39)

前の記事

次の記事

新着記事

新年あけましておめでとうございます。 引き続き、または今年新たにご縁をいただく皆様、 本年もよろしくお願いいたします。 タイトル通り、昨年の読書記録です。 2020年の資格勉強に時間を使ったので(言い訳?) 例年より少なめになっています。 1月 ・『カンブリア宮殿 村上龍...

最近の技術の進歩はすごいもので、 外国語分野に限定しても、自動翻訳機など素晴らしいものが出てきているようですね。 「ドラえもん」の世界ももうすぐかな、と思うほどです。 では、外国語を学ぶ意味は果たして、今後どうなるのでしょうか。 結論を言ってしますと、言葉は人間が意思疎通をするもの...

外国語を学ぶということ。 きっと多くの日本の方にとっては、簡単ではないと思います。 その理由の一つに「学校英語学習による弊害」があるでしょう。 最近よく見かけませんか?こんな広告 「中学3年間の英語だけで会話ができる」 正しいと思います。 私の専門は英語ではなく中国語ですが...

レスリー・チャン(張國榮)がこの世を去って、4月1日で16年でした。 去年は15年ということもあって、いろいろあったみたいなので、あえて16年目に。 『さらば、わが愛/覇王別姫』(1993) 『逢いたくて、逢えなくて/夜半歌聲』(1995) 香港版オペラ座の怪人 『君さえいれば/金...

これまで何冊か中国関連の書籍を読んできた中で、「上海」をテーマにした小説を紹介します。 『上海クライシス』春江一也著 元外交官の著者が中国を舞台にした渾身の外交サスペンス。時代的には911アメリカ同時多発テロから北京五輪前夜まで、男性向けですが、切ない恋愛やウイグル事情も交錯して読み応...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、中国語レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ