サイタ語学の習い事中国語教室大阪 一期一会の中国語 スクールブログ HSK初(?)...

HSK初(?)受験

HSKとは「漢語水平考試」の略で、中国語検定の一つです。
この試験が日本で行われるようになる前から、日本独自の、
中国語検定試験がありました。通称「中検」というものです。

HSKは、中国政府公認の国際標準試験であるのに対し、
中検は日本独自の検定試験です。
HSKは、全世界共通の試験が行われています。
1~6級まであり、順序は日本と逆で、最高ランクが6級、最低ランクは1級です。

今年初めての試験が先日行われました。
そして私の息子(小学生)が初受験をしてきました。
結果は約1ヶ月後に判明します。
親馬鹿ながら結構がんばってくれたと思いますので、
結果が楽しみです。

私、実はHSKの試験監督官の資格も持っています。
今回も息子の受験に際し、きめ細かく注意事項を伝え、不安のないようにサポートもしてきました。

このような経験から、これからHSKを受験しようと考えている方へ、しっかりサポートしていくことが可能です。
少しでも興味がありましたら、体験していただければと思っています。

また昨年度、HSKは中検の受験者数をはじめて超えたというニュースもあります。
世界標準から日本標準となろうとしているHSK、チャレンジしてみませんか?

 

(2019年1月14日(月) 21:57)

前の記事

この記事を書いたコーチ

駐在員として長期滞在!ネイティブレベルの発音力になるポイントを解説

新着記事

HSKとは「漢語水平考試」の略で、中国語検定の一つです。 この試験が日本で行われるようになる前から、日本独自の、 中国語検定試験がありました。通称「中検」というものです。 HSKは、中国政府公認の国際標準試験であるのに対し、 中検は日本独自の検定試験です。 HSKは、全世界共通の...

カンブリア宮殿という番組はご存知かと思います。 その番組の内容を書籍にしたものがあり、その中から少し紹介したいと思います。 引用文献 『カンブリア宮殿 村上龍X経済人2 できる社長の思考とルール』 村上龍 テレビ東京報道局編/2010年/日本経済新聞出版社 堀場製作所の最高顧...

三国志という物語が好きな男性は多いことでしょう。 周知のとおり、実際の歴史をもとに作られた部分の多い、物語です(『三国志演義』)。 その魅力はストーリィの壮大性もありますが、個性的なキャラクターによるものも大きいでしょう。 劉備玄徳、関羽雲長、張飛翼徳、諸葛亮孔明、曹操孟徳、司馬懿仲達、...

関西地方のお話になるのですが、 FM COCOLO というFM局があります。 今はOver 40向けのラジオという立場を確立しているので、 そういった年代の音楽好きな人にはなかなか楽しいラジオ番組を提供してくれます。 ですが、元は、阪神・淡路大震災の後、 関西で暮らす外国人向...

日本楽曲のカバーは、たくさんあります。 中国語を習い始めるとき、たいへんお勧めなのが、 好きな中華系の曲を見つけることです! 歌手でもよし、曲でもよし。 検索すればかなりそういったものをまとめたものが出てきます。 例えばこちら http://www.imasugu-chin...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、中国語レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ