サイタ語学の習い事中国語教室大阪 ひとしの基礎中国語教室 スクールブログ 移動しながら ...

移動しながら ちょっと勉強

通勤通学時間を利用して、電車内で中国語を聴いているかたは結構おられると思います。
私もトライしてみたのですが、朝は眠いし、夜は疲れて集中できないなど、うまくいきません。でも聴く以外にも方法があるのです。
それは目に入ってくる漢字を次々に中国語で発音するのです。
例えば電車の中吊り広告に、「○○銀行 ××社長 辞任」という見出しがあれば、《yínháng》、《shèzhǎng》、《círèn》とつぶやく方法で、漢字の発音練習になります。
単語の数量も蓄積されてきたら、瞬訳という練習方法もあります。例えば「日本チーム 優勝!」という見出しには、「日本队 获得冠军」という具合です。
もちろん道を歩きながらでもできますが、看板を探すことに夢中になり、歩きスマホのようにはならないでくださいね。

 

(2018年9月14日(金) 22:12)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

北京留学を経て、20年間中国とのビジネスに従事。通訳のスキルも持つ先生

新着記事

私が中国語学習を開始した1980年代は、当然サイタのような個人レッスンはありませんでした。東京目白にある学校に入学したのですが、最初に教えていただいたK先生の授業は、今でも心に残っています。 優しい先生でした。 答えられなくても、ヒントを与えてくださり、何とか答えることができるように、導い...

通勤通学時間を利用して、電車内で中国語を聴いているかたは結構おられると思います。 私もトライしてみたのですが、朝は眠いし、夜は疲れて集中できないなど、うまくいきません。でも聴く以外にも方法があるのです。 それは目に入ってくる漢字を次々に中国語で発音するのです。 例えば電車の中吊り広告に、...

外国語を学習するにあたり、独学とレッスン、皆さんはどちらを選びますか? 時間や経済的に余裕のない人は、独学せざるを得ないかもしれないですし、既に一つの外国語をマスターした人は、学習方法がわかっているので、その方法を応用すれば独学でも上達するかもしれませんね。 その人の置かれた状況によって、...

バブル全盛期頃のことですが。会社で香港への赴任を命じられました。上司からは、「広東語で商談ができるようになれ。そのために赴任前に広東語を勉強しておけ。」と言われました。 私も1年も勉強すれば何とかなるのではと甘い気持ちでいました。当時広東語を教える語学学校はなかったのですが、会社近くの語学学...

今から7年前、本格的に通訳の勉強をしようと思い、サイマルアカデミーに入校しました。 通訳のクラスは、入門→基礎→本科Ⅰ→本科Ⅱとレベルが上がっていきます。 私は本科Ⅰで、生徒数は確か8名で、日本人と中国人が半々くらいでした。 授業は日曜日の午前中2時間のみでしたが、毎回事前にテーマが与え...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、中国語レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ