全国5万人が受講している「サイタ」

中国語教室・中国語講座

中国語教室・中国語講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

語学の習い事中国語教室大阪 一期一会の中国語 スクールブログ 日本楽曲のカバ...

日本楽曲のカバー(中国、台湾、香港等)

日本楽曲のカバーは、たくさんあります。
中国語を習い始めるとき、たいへんお勧めなのが、
好きな中華系の曲を見つけることです!

歌手でもよし、曲でもよし。
検索すればかなりそういったものをまとめたものが出てきます。
例えばこちら

http://www.imasugu-chinese.net/chinese/post8646

私の中で最も衝撃的で、一番よく聴いていた曲は、
サザンオールスターズの『真夏の果実』(1990年)のカバー、
張學友(ジャッキー・チュン)の『每天爱你多一些』です。

Youtube
https://www.youtube.com/watch?v=6DFHBQ-99d4

90年代、香港四大天王の一人と言われた、張學友さん。
歌声は確かです。


こういった馴染みのある曲、できればスローテンポな曲で、
歌詞を目で追いながら発音を聴き取って、
できれば真似して歌ってみる。

これが限りなくネイティブに近い発音を身に付ける、近道です。
この際、中国語に必須な「四声」は無視してください。

その際置いて行かれた四声は、コーチングできっちりフォローします!

中華系の歌手の方たちは、市場が日本以上に格段に広いので、
歌唱力、表現力は素晴らしいです。
ぜひ一度聴いてみて、自分の好きな曲を探してみてください

 

(2017年7月9日(日) 13:21)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

駐在員として長期滞在!ネイティブレベルの発音力になるポイントを解説

一期一会の中国語
尾家誠 (中国語)

大阪上本町・針中野・長瀬・河内小阪・阿倍野・文の里・平野・喜連瓜破

ブログ記事 ページ先頭へ