サイタ語学の習い事中国語教室大阪 一期一会の中国語 スクールブログ 北京1995

北京1995

はじめてパスポートを取得して、
はじめての海外が、
中国・北京でした。
1995年2月、寒い寒い北京の冬でした。

少しは中国語が日本で知られてきた、
まだそんな時期でした。

当時、中国語検定を受けにいくと、
大部分が、過去の戦争でなんらかの形で中国に関わっていた方たちがほとんどで、
私たち学生のほうが少数だったのです。

30日間の北京短期留学。
もっとこの街を知りたい!
もっと話せるようになりたい!

そんな思いをひきずりつつ、私たちは帰国しました。
まだまだ私も学習道半ばですが、
かれこれ20年以上、中国語とのお付き合いが続いています。

ずっと続けられる、あなただけの何かを見つけませんか?

 

(2017年5月13日(土) 21:27)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

駐在員として長期滞在!ネイティブレベルの発音力になるポイントを解説

新着記事

レスリー・チャン(張國榮)がこの世を去って、4月1日で16年でした。 去年は15年ということもあって、いろいろあったみたいなので、あえて16年目に。 『さらば、わが愛/覇王別姫』(1993) 『逢いたくて、逢えなくて/夜半歌聲』(1995) 香港版オペラ座の怪人 『君さえいれば/金...

これまで何冊か中国関連の書籍を読んできた中で、「上海」をテーマにした小説を紹介します。 『上海クライシス』春江一也著 元外交官の著者が中国を舞台にした渾身の外交サスペンス。時代的には911アメリカ同時多発テロから北京五輪前夜まで、男性向けですが、切ない恋愛やウイグル事情も交錯して読み応...

私が中国赴任をしていた30代、意図せずしてリーダーになりました。 当然部下となるスタッフは全員、中国人の若者たちでした。 日本から中国に行って仕事するだけでもそれなりに大変でしたが、 幸いにも上海などの大都会ではなく、個人的な自由時間が多く取れたので、日本から大量に本を持ち込んで、終...

HSKとは「漢語水平考試」の略で、中国語検定の一つです。 この試験が日本で行われるようになる前から、日本独自の、 中国語検定試験がありました。通称「中検」というものです。 HSKは、中国政府公認の国際標準試験であるのに対し、 中検は日本独自の検定試験です。 HSKは、全世界共通の...

カンブリア宮殿という番組はご存知かと思います。 その番組の内容を書籍にしたものがあり、その中から少し紹介したいと思います。 引用文献 『カンブリア宮殿 村上龍X経済人2 できる社長の思考とルール』 村上龍 テレビ東京報道局編/2010年/日本経済新聞出版社 堀場製作所の最高顧...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、中国語レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ