全国5万人が受講している「サイタ」

中国語教室・中国語講座

中国語教室・中国語講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

語学の習い事中国語教室兵庫 正人の楽しい中国語 スクールブログ 中国語の漢字と...

中国語の漢字と日本語の漢字

現在日本で使われている漢字は多くが古代中国から朝鮮半島を経由して伝わってきたものです。その漢字が長い歴史の中で少しずつその姿を変えたり、和製漢字(国字)も加わり日中で使われている漢字は少しずつ違ってきています。

ここでは現代の両国の漢字で微妙な違いを持つものをいくつか紹介したいと思います。
前者が中国の漢字、後者が日本の漢字です。似ているものばかりですがどこが違うか分かりますか?
「长 長」,「步 歩」,「语 語」,「馆 館」,「门 門」,「铁 鉄」,「宫 宮」
どうです。おもしろいでしょう。親しみを感じませんか。現在の中国では1956年の漢字の簡素化が実施され簡体字(正式には簡化字)を使うようになりました。

このように漢字を調べてその比較をしてみるとおもしろいですよ。読み方が分からなくても書いて見せれば通じる漢字も多くあります。旅先の中国で筆談をすると意外と分かってもらえるものです。漢字を使う日本人にとっては、漢字の形や意味から学習を始めるとあまり抵抗なく覚えられますよ。漢字に興味のある方、好きな方のみならず、漢字の嫌いな方も日本の漢字より画数の少ない漢字(中国語)を習ってみませんか。
私はメモを取るとき時々画数の少ない中国の漢字を使うことがあります。とても便利です。

 

(2016年2月22日(月) 15:22)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

元小学校教師。パラリンピック水泳のコーチ兼通訳も務めるスイマーコーチ

正人の楽しい中国語
酒井正人 (中国語)

三ノ宮・神戸・新長田・明石・名谷・総合運動公園・学園都市・西神中央

ブログ記事 ページ先頭へ