全国5万人が受講している「サイタ」

中国語教室・中国語講座

中国語教室・中国語講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

語学の習い事中国語教室三重 使ってなんぼの中国語教室 スクールブログ もうすぐ201...

もうすぐ2016年!だが、中国人の今年はまだ終わらない!

大家好~~~!


2015年も残すところ1週間!いかがお過ごしですか。
中国で年越しといえば、旧暦の正月を指すことが多いのですが、今年はいつかご存知ですか?




そう。2016年2月8日が旧暦の正月、いわゆる春節(Chun Jie)です。
2016年2月7日が除夕にあたります。


ですから、この前後で来日中国人観光客がどっと増えそうですよ!
今日私の友人に聞いてみると、一人は北海道へ行くそうです。
「小樽が楽しみ!」と言っていました。


以下、中国人の春節の過ごし方を少し紹介してみましょう。



1.「春晩」を観る!(看春晚)
毎年、大晦日には行われる「紅白歌合戦」のような番組です。日本の紅白のように歌だけではなく素晴らしい出し物や雑技、漫才、踊りもあり中国人にとって不可欠なものです。

2.爆竹を鳴らす(放鞭炮)
年が明けると、まず最初に爆竹を鳴らして、爆竹の音で旧年を送り新年を迎えます。爆竹は大気汚染と騒音の原因になっているので、主要都市では爆竹禁止になっています。中小の都市と農村ではその風習が受け継がれています。そして春節だけでなく端午の節句、中秋節、元宵節や結婚、開業などの大きな行事など祝い事の度に爆竹を鳴らします。大気汚染の原因にもなるため、規制は分かるのですが、このような文化が廃れていってしまわないか…少し心配だったりもします。


そのほか、一家団欒の食事や食される料理にも地域差などがあって非常に興味深い中国の年越し!
やはり、中国、一つにはくくりきれませんね。

もうすぐ2016年!だが、中国人の今年はまだ終わらない!

(2015年12月24日(木) 0:57)

前の記事

この記事を書いたコーチ

中国35都市を周遊!現地で褒められる「日本人離れした発音」を伝授

ブログ記事 ページ先頭へ