全国5万人が受講している「サイタ」

中国語教室・中国語講座

中国語教室・中国語講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

語学の習い事中国語教室岐阜 ゆうゆう中国語スクール スクールブログ 「你有没有微信...

「你有没有微信账号??(WeChatのアカウントもってる?)」

中国国内では、中国当局の方針によりFacebookやTwitter、LINEやYou Tube、Googleは見ることができません。

その代わり、国内独自のアプリが発達しています。

中国の日本人同士の連絡ツールはLINEだったのですが、
15年も中国にいるとLINEって何?状態。
(その後LINEも封鎖されてしまったので、現在のママ友同士の連絡もWeChatに移っています。)

私も、中国国内では微信(WeChat)を使用していました。
こちらは、アプリをダウンロードして、携帯電話などを登録すれば完成です。

これが実は大変有用で、日本に帰国してからも、
知り合った中国のお友達には、
「你有没有微信账号??(WeChatのアカウントもってる?)」
と聞かれることが多いので、今では自分から
「你有没有微信账号??」と聞くようになっています。

主人も使っていますが、リアルタイムで情報を得たり、
友達とおしゃべりしたり、時代の変化は大きいものです。

日本では日本のガラケーと中国のスマホを使っていますが、
WIFIがあれば、WeChatにつなぐことができます。

皆さんも、中国の方とお友達になったら、
ぜひ一言、「你有没有微信账号??」と聞いてみましょう。

ちなみに、中国国内では翻墙工具(fan1qiang2gong1ju4)やVPNを使えば、
当局から禁止されている上記のサイトを見られるようです。

日本に帰国してFacebookを立ち上げましたが、
中国国内の友人でFacebookのアカウントをもっている人が多いことにびっくりしました。

「上有政策、下有対策(上に政策あれば、下に対策あり)」を身をもって体験してしまいました。

 

(2015年6月26日(金) 8:39)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

上海に15年勤務!日本人ならではのつまづきポイントを丁寧に解説

ゆうゆう中国語スクール
金森愛 (中国語)

金山・岐阜・西岐阜・穂積・大垣・名鉄岐阜・美濃青柳・本山

ブログ記事 ページ先頭へ