全国5万人が受講している「サイタ」

中国語教室・中国語講座

中国語教室・中国語講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

語学の習い事中国語教室千葉 楽しい中国語やってます スクールブログ 元宵节〜

元宵节〜

今日は元宵节。
皆さんはご存知ですか??



中国のお正月は今日までなんですよね〜!
なんと15日間



元宵节とは?


2000年も前の秦の時代に遡ります。
一年の中で初めての祝日でもあり、一年で初の満月でもあるんですね

引用↓↓

元宵節には湯円を食べる習慣がある。zh:湯圓はもち米を原料とした団子であり、中には様々な具が入れられる。甘いものとしては砂糖、胡桃、ゴマ、小豆餡、氷砂糖などが、塩辛いものとしては肉や野菜で作られた具が入れられる。

熱湯の入れられた鍋で茹でる際、湯の中で団子が踊る姿を天に輝く満月に見立てた。そして家庭が団円(円満の意味)と音が似ている「湯円」という漢字が使用され、宋代の周必大も『元宵煮浮円子」という詩の中で「今夕是何夕、団円事事同」と表現し、現在でも台湾では「吃了湯円好団円」という民謡が広く知られている。

元宵節に湯円を食べる由来は唐代に元宵節に食べられていた麺蚕にさかのぼることができる。宋代になると乳糖円子と称されるようになりこれが湯円の前身であると考えられる。宋代の詩人周必大による『元宵煮浮円子』という漢詩の中に「星爛烏雲里、珠浮濁水中」という一文があり、現在の湯円に近い形態であったと想像される。



というわけで楽しい元宵节を過ごしましょう〜ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

 

(2015年3月5日(木) 18:17)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

中国生まれ中国育ち。旅先で使う表現~ビジネス会話までフランクに対応

楽しい中国語やってます
小島飛昇 (中国語)

東京・品川・渋谷・東松戸・西船橋・御茶ノ水・飯田橋・市ケ谷・錦糸町・市川・本八幡・下...

ブログ記事 ページ先頭へ