全国5万人が受講している「サイタ」

中国語教室・中国語講座

中国語教室・中国語講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

語学の習い事中国語教室東京 桐子の中国語教室 スクールブログ 水餃子の作り方

水餃子の作り方

  皆さん、こんばんは。お久しぶりですね~間もなく中国の春節ですよ。中国へ旅行に行く予定がありますか。

  今日は春節に必ず食べる水餃子の作り方を一緒に勉強しましょうか。時間があったら、ぜひ作ってみてください。
  まず、材料の準備です。
<皮>
・強力粉‥‥ 150g
・薄力粉‥‥ 150g
・水‥‥150cc
・塩‥‥ 小さじ 1.5
<具>
・豚ひき肉‥‥ 150g
・白菜‥‥ 150g
・干ししいたけ(水で戻してみじん)‥‥ 2枚
・にら‥‥ 1/3束
・ねぎ みじん切り‥‥ 大さじ1
・しょうが みじん切り‥‥ 大さじ1
・塩‥‥ 小さじ1
・コショウ‥‥ 少々
・醤油‥‥ 大さじ1
・ごま油‥‥ 小さじ1
<たれ>
豆板醤‥‥小さじ1
酢(酢と砂糖少々でも)‥‥大さじ1
醤油‥‥小さじ1
すり胡麻(胡麻油でも)‥‥小さじ1/2

次は皮を作ります。
1. 大きめのボウルに粉を入れ、水を加える。

2. 指を広げて立て、手を熊手のようにして全体をよく混ぜる。

3. 表面がなめらかになるまでこねる。

4. 一つにまとめ、ぬれ布巾をかぶせて30分ほど寝かせる。

5. 打ち粉をしながら生地を棒状にのばして、3等分する。

6. 両手で転がしながら30cmの長さの棒状にのばす。

7. さらに10等分する。(その際、90度向こうに傾けて切り、元の位置に戻して切りを交互に繰り返すとこの後押しつぶした時に丸くなりやすい。)

8. 生地の断面を上にして置き、手で押しつぶす。

9. 片手で生地をつまんで麺棒でのばす。

10. 麺棒は手前から向こうに押す。(力強くしないで麺棒の重みを使ってのばしていく感じ。)

11. 生地を手前に回しながら伸ばす作業を繰り返す。(中央を厚めに周囲が薄くなるように。)

12. 直径7~8cmの円形に伸びればOK!

第三は具を作ります。
1. 白菜はみじん切りにし、布巾に包んで水気をきつく絞っておく。
2. 肉と白菜、残りの野菜をボウルに入れ、醤油、塩、胡椒を加える。

3. 強く練らないで軽く混ぜ合わせる。
 
第四は具を包みます。
1.  皮を1枚広げ、中央に具をのせる。

2. 二つ折りにし、真ん中を押さえて止める。(手作りの皮は水をつけなくてもくっつきます。)

3. 皮のふちを親指と人差し指の間にはさみこむ。

4. 親指と人指し指全体に力を入れしっかりと押さえつけて閉じる。

最後、ゆでます!
1.  鍋にたっぷりの湯を沸かし、餃子を入れる。

2. くっつかないように時々混ぜる。
3. 浮き上がってきて皮に透明感が出てきたらすくい、湯とともに器に入れる。

4. たれにつけていただく。
 皆さん、いかがですか?家で作ってみてください、必ずある店の餃子よりおいしいですよ~~ (*-*)

 

(2015年1月8日(木) 22:48)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

中国語国際教育の修士号を取得。あなたのニーズに合わせて指導材料も作成可

ブログ記事 ページ先頭へ