サイタ語学の習い事中国語教室東京 桐子の中国語教室 スクールブログ 中国語の声調、...

中国語の声調、変調と軽声

  皆さん、こんにちは。桐子の中国語教室へようこそ。私は講師の于桐(ウトウ)です。このたび、中国語の特徴の一つ、声調を勉強しましょう。

  中国語の標準語は、基本的に4つの「声調(トーン)」をもち、それぞれ、 (第一声)、 ˊ (第二声)、 ˇ (第三声)、ˋ (第四声)の記号で表す。声調はある音の意味に関わり、声調が異なれば意味も異なる。
   
  例:
   bā (数字の8) bá(引く) bǎ (的) bà (お父さん)
   mā(お母さん)  má(しびれる) mǎ(馬)   mà(叱る)
   yī(数字の1)   yí(移す) yǐ(椅子)  yì(億)
   
  声調記号は、母音の上に書く。iに声調記号を付けるときは、iの上の点は除いて、 nǐ 、bǐ のように書く。また、音節中に2個以上の母音があるときは、発音時に一番大きく口を開く音の上に書くのがルールで、例えば、hǎo、mèi、lóuのように書く。

                                  
 中国語の 変調と言うのは、第三声が連続するときは、前の第三声は第二声で発音されることです。
例:   nǐhǎo → níhǎo 

  それに、第三声のあとに第一声、第二声、第四声、軽声が続くとき、第三声は「半三声」になる。「半三声」では、第三声前半の低く抑えた音だけが発音されて、後半の音が上がる部分は発音されないまま後の音節につながる。
  例: yǔyī hěn mǎng wǔfàn hǎo mɑ

  中国語の軽声はいくつかの音節は声調を持たない(もとの漢字の基本声調が第何声かにかかわらず)ということです。軽声の音の高低は、直前にある音節によって変化する。
  例:  māmɑ bái de nǐmen bàbɑ
  注意:書き表す時、軽声には声調記号を付けない。

 

 

(2014年12月15日(月) 17:11)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

中国語国際教育の修士号を取得。あなたのニーズに合わせて指導材料も作成可

新着記事

 日本で留学しながら、中国語や英語を教えるのは二年目になりました。国にいた時の教える経験を含め、四年間にいろんな様々な経験を持っている学習者に会いました。彼たちと付き合う時、主に3つの語学学習に関する誤解が気になった。  まず、ピンインや音標文字(Phonetic Alphabet)を勉強し...

桐子の中国語教室は、この春、新しい場所で再開!!

桐子の中国語教室は、この春、新しい場所で再開!!

  皆さん、こんばんは。お久しぶりですね~間もなく中国の春節ですよ。中国へ旅行に行く予定がありますか。   今日は春節に必ず食べる水餃子の作り方を一緒に勉強しましょうか。時間があったら、ぜひ作ってみてください。   まず、材料の準備です。 <皮> ・強力粉‥‥ 150g ・薄力粉...

  皆さん、こんにちは。桐子の中国語教室へようこそ。私は講師の于桐(ウトウ)です。このたび、中国語の特徴の一つ、声調を勉強しましょう。   中国語の標準語は、基本的に4つの「声調(トーン)」をもち、それぞれ、 (第一声)、 ˊ (第二声)、 ˇ (第三声)、ˋ (第四声)の記号で表す。声...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、中国語レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ