サイタ語学の習い事中国語教室兵庫 やさしい中国語会話 スクールブログ ピンイン指揮者

ピンイン指揮者

あったらいいのに、『ピンイン指揮者』

中国語を勉強し始めたばかりの頃、ルームメイトとこんなのが欲しい!とよく空想しては語り合った。

授業中は先生がいるからいいんだけど、家で教科書読んだり、発声練習するときなど、少しばかり不安になる。

習ったばかりの単語や発音、ピンインの読み方、特に声調!本当に正確に言えてるのだろうか?もしかして音痴になっているのでは?と。

そんなとき、燕尾服を着た卓上サイズのピンイン指揮者がいたらどんなにいいだろう。

おかしな発音で読んだり、声調がくるったりしたら、すました顔で人差し指を左右に振り、声調記号をタクトで描いてやり直しを促す。

上手に発音できていれば、目を閉じてタクトを振り続ける。

ああ、こんな『ピンイン指揮者』欲しいなぁ・・・

勉強し始めのころはピンインが読めないと始まらないので、ピンインを追って追って単語やフレーズを覚えていく。これってなかなか大変。

でもそのうち、いっぱい浴びるように聞いてると、耳から覚えていけるようになるのです。そうなればもうピンイン指揮者はいりません。

って最初から誰もそんなの持ってないって・・・



 

(2014年10月21日(火) 23:47)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

大人からのスタートもOK!留学・大手メーカー営業職経験もあるママコーチ

やさしい中国語会話
関安子 (中国語)

三ノ宮・元町・神戸・垂水

ブログ記事 ページ先頭へ