サイタ語学の習い事中国語教室東京 楽しい中国語 スクールブログ 中国語の「あだ...

中国語の「あだ名」

 中国の映画なんかを見ていると、呼ばれている名前が「ヤンヤン」「トントン」「フェイフェイ」など、2回音が重なっていることに気付きます。パンダの名前も「カンカン」「ランラン」等ですね。

 中国でも日本と同じように、名前を呼ぶ時の「あだ名」があります。名前と全く関係ないあだ名だったり、「小」という文字を名前の前につけて呼んだりします。ちびまる子ちゃんは「小丸子(読み方:シャオワンズ)」、漢字だけ見てもまさに「ちびまる子ちゃん」ですね。

 私が北京で生活していたころは、友だちにも職場でも「香香(シャンシャン)」と呼ばれていました。名前が「香」なので、シャンシャンと呼ばれる運命にあるわけです。ひと文字の名前も多いですが、何文字かある場合は最後の文字を2度重ねることが多いです。でもなぜか日本人の女の子は「子子」と呼ばれている友人はいなくて、別の文字で呼ばれていました。

 (例)
「陽子ちゃん」→「陽陽(ヤンヤン)」
「美代子ちゃん」→「美美(メイメイ)」
「友子ちゃん」→「友友(ヨウヨウ)」

先ほどもあげた、名前と全く関係ないあだ名、というのも多いです。
虫が好きな友達は「虫虫(チョンチョン)」
小さくてかわいい「童童(トントン)」
いつも笑顔の「楽楽(ルール)」  
という中国人の同僚がいました。

北京歓迎(イ尓)  ←( )内は2文字で1文字

「北京へようこそ!」の意味ですが、読み方は
北(ベイ) 京(ジン) 歓(ホワン) 迎(イン) (イ尓)(ニー)、
そして実は北京オリンピックのマスコットキャラクターは5人(匹?)いましたが、それぞれの名前が「ベイベイ」「ジンジン」「ホワンホワン」「インイン」「ニーニ」でした。
このかわいい名前、気付いていましたか?

みなさんも中国語を勉強するにあたり、自分のあだ名があると楽しいですよ!
是非お気に入りのあだ名を中国語でつけてみましょう。

中国語の「あだ名」

(2014年7月4日(金) 11:33)

次の記事

この記事を書いたコーチ

北京に7年半滞在!絵本で学ぶ中国語~ネイティブが使う表現までOK

新着記事

みなさまいつもお世話になります。 さてさて日本はお正月。毎年お正月が近づくと、かわいい広告や便箋を切り貼りしてお年玉袋を作っています。今年は猫ちゃん。 中国では結婚式やお正月などお祝い時に渡すご祝儀やお年玉は『紅包(hong2 bao1)』と呼ばれる赤い封筒に入っています。 なん...

 友達に誘われて大連に行ってきました。 以前行ったことがあるはずなのに全く覚えていなくて、本当にここに来たことがあるのだろうかと自分の記憶を疑いました。以前大連に行ったことがあるという友人にどこを観光したか聞いたら「覚えていない」とのこと。やはりその程度なのだろうか。  さて、旅行に誘...

 夏です。東京は新宿や渋谷などビルが多めの場所に行けばいくほど暑い! 今朝は友人からのLINEで「天然温風機止めて~!」というメッセージが(笑)。  今年もすでにいろいろなところでビアガーデンが始まりました。 ビールのおつまみと言えば「まずは枝豆」ですが、中国の屋台や道横のレストラン...

 中国の映画なんかを見ていると、呼ばれている名前が「ヤンヤン」「トントン」「フェイフェイ」など、2回音が重なっていることに気付きます。パンダの名前も「カンカン」「ランラン」等ですね。  中国でも日本と同じように、名前を呼ぶ時の「あだ名」があります。名前と全く関係ないあだ名だったり、「小」...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、中国語レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

ブログ記事 ページ先頭へ