全国5万人が受講している「サイタ」

中国語教室・中国語講座

中国語教室・中国語講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

語学の習い事中国語教室東京 チョウ楽しい中国語スクール スクールブログ (^O^)/知...

(^O^)/知ると楽しくて簡単ーー漢字発音の秘密⑤

今日は「h、b、p、m」の四兄弟を見てみましょう(^ー^)ノ
「h、b、p」はつまり「は、ば、ぱ」ですので、当然つながりがあるのがわかりますが、なぜ「m」も入っているのでしょうか。

実は古来「m」と「b」の発音が混同されがちなのです。
事実、韓国語でも「m」と「b」の発音が時々同じように聞こえます( ´ ▽ ` )ノ
理由は、発音する時唇の形が似ているからでしょう。

さあ、一緒に確認していきましょう\(^o^)/
拝 → はい(hai) → bai(簡体字は「拜」)
俳 → はい(hai) → pai
排 → はい(hai) → pai
買 → ばい(bai) → mai(簡体字は「买」)
売 → ばい(bai) → mai(簡体字は「卖」)
埋 → まい(mai) → mai

お疲れ様です。
辞書持っている方は、ぜひ関連する言葉も一緒に覚えましょう(^ー^)ノ
ちなみに、簡体字の書き方も要注意ですよ。

では、
次回は、「〜ん」の大家族を紹介したいと思います。(`_´)ゞ

 

(2014年4月5日(土) 5:00)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

東大大学院に留学。国際認定の教師資格を持つ先生がビジネス会話もカバー

チョウ楽しい中国語スクール
趙聖也 (中国語)

上野・御徒町・京成上野・湯島

ブログ記事 ページ先頭へ