全国5万人が受講している「サイタ」

中国語教室・中国語講座

中国語教室・中国語講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

語学の習い事中国語教室東京 チョウ中国語講座 スクールブログ 静黙とした「仲...

静黙とした「仲間」(2)

 こうした現象はおそらく多くの中国人を困惑させるに違いない。通常、中国人社会において、上記のような人間関係は良好で親密なものへと発展していく場合がほとんどであるためだ。共通の話題が多いため、互いに共感しやすいし、仮にそうでなかったとしても自分とは違った世界に触れることができるまたとない機会として肯定的に捉えることも十分可能である。先ほどの友人の例のように、仲良くならないままでいることは残念に思われる。
 私は中国に生まれてからかれこれ二十数年間中国で暮らしてきた。最初にできた友人は小学校時代の同級生である。みんなで一緒に勉強し遊ぶ中ですぐに誰かと知り合うことができた。そして相性が良ければさらに親しくなり友だちになった。その後、中・高・大学へと進むにつれて、友達の数はますます増えた。また冗談のようではあるが、たまたま同じテーブルで食事をしていた人に声をかけて話をする中で、そのまま意気投合し親友となった人もいる。今これまでの人生を振り返ってみても、このような機会を逃したことはほとんどなく、本当に幸運だったと思う。
 私は「人と人との間の絆は当然のようにそこにあるものでなく、人間の営みによって作られるのだから、一緒にいる仲間たちと静黙に過ごすのではなく、自分から積極的に声をかけよう。」といつも自分に言い聞かせるようにしている。

 

(2014年2月12日(水) 10:34)

前の記事

この記事を書いたコーチ

早大大学院に留学。中国弁護士を保有、ビジネス会話の相談も歓迎!

チョウ中国語講座
張カン (中国語)

新橋・五反田・目黒・新宿・新大久保・高田馬場・目白・池袋・大塚・巣鴨・田端・日暮里・...

ブログ記事 ページ先頭へ