全国5万人が受講している「サイタ」

中国語教室・中国語講座

中国語教室・中国語講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

語学の習い事中国語教室福岡 クマさんの中国語 スクールブログ 中国語を勉強す...

中国語を勉強するための心構え

 まず初めに、「中国語の発音をカタカナで表わすことはできない」ということを心構えとして持ち、決して忘れないで下さい。これは何も中国語に限った話ではありません。カタカナは日本語を表わすための文字なのだから、日本語以外を表せないのは当然なのです。たとえば英語を、「ホワットタイムイズイットナウ」と表わしても意味がないですよね。ここで間違えてはいけないのは、「ホッタイモイジルナ」もだめだということです。実際にはこれでも通じるらしいです。でも、「What time is it now.」でなければなりません。それが「言葉を学ぶ」ということなのです。
 外国語の発音を学ぶのは難しいことです。ただボーッと聞き流しているだけで身に付くなんてことはありえません。どんな外国語でもそうです。そこで、みなさんには二つの選択肢があります。
 一つは、正しい発音を効率よく学ぶこと。ただ聞いて真似するのではなく、どの音をどのように出したらいいのかを学ぶことで、効率的に身に付けることができます。中国語の全ての発音(21の子音と6つの母音)について、丁寧に説明します。発音は、耳ではなく、頭で習得して下さい。
 もう一つは、発音学習をパスすること。発音がわからなくても言葉は使えます。「喋れなくてもいい中国語」のゆえんはそこにあります。
 どちらを選ぶかはみなさん次第です。それに応じた教え方をします。

 

(2013年9月30日(月) 22:18)

前の記事

この記事を書いたコーチ

大学など講師歴13年。国際学会はじめ、現地の学者とも交流が盛んな先生

クマさんの中国語
野田ともあき (中国語)

博多・赤間・福間・千鳥・香椎・吉塚・新宮中央・水城・天拝山・鳥栖・久留米・大牟田・佐...

ブログ記事 ページ先頭へ