全国5万人が受講している「サイタ」

中国語教室・中国語講座

中国語教室・中国語講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

語学の習い事中国語教室大阪 誰でも楽しめる中国語スクール スクールブログ 面白い中国語

面白い中国語

日本語と比較したときに、面白いと感じる中国語がたくさんあるよ。今回は10個紹介する^^

1、「前後」と「左右」
日本語なら、「学校まで歩いていくと25分前後です」とか「小型車なら100万円前後で買える」というが、中国語では、「前後」の部分を「左右」(zuo3you4)に置き換えて言う。「2時左右に電話するよ」あるいは「大連にいる日本人は5000人左右だ」となる。

2、ナマズは「鮎」、アユは「香魚」
中国漢字で「鮎」(nian2)と書けば、ナマズのことだ。じゃぁ、アユはどう書くかと言うと「香魚」(xiang1yu2)になるのだ、香魚は日本でもアユを指す言葉として使われている。

3、「相撲」は「シャンプー」
単なる発音の問題だが、「相撲」は、シャンプー(xiang4pu1)と言う。日本語のシャンプーそのものだ。お相撲さんは髪が長いのでシャンプーをたくさん使うのだろう。

4、「ライブドア」は「ホリエモン」
ライブドアの中国名は「活力門」(huo2li4men2)だが、先入観を持って聞くと「ホリエモン」と聞こえるから面白い。

5、「走」は歩く、走るの意味はない
中国語で「走」(zou3)と言えば、歩くことを意味し、走るの意味はない。商店で店員が客を送るときに言う言葉で「慢走」(man4zou3)がある。直接的な意味は、「ゆっくり歩け」だが、「お気をつけて!」という感じだ。走るは「跑」(pao3)と言う。

6、「九」は「ジュウ」
物の個数を数えるとき、イー、アル、サン、スーと進んでいくのだが、「九」は「ジュウ」(jiu3)と言うので、ついうっかり「十」と間違えてしまうことがある。

7、薬は「食べる」、お粥は「飲む」
日本では、薬は飲むと言うが、中国語では「吃薬」(chi1yao4)と書いて、「薬を食べる」と言う。一方お粥は「喝粥」(he1zhou1)と書いて「お粥を飲む」と言う

8、「入院」ではなく「住院」
病院の中に泊り込みで治療を受けることを日本語では「入院」というが、中国語では「住院」(zhu4yuan4)と言う。病院に入るよりも、病院に住むの方がぴったりのような気がする。

9、「手紙」はトイレットペーパー
これは有名な単語なので、多くの人が知っているだろう。中国語で「手紙」(shou3zhi3)と書けば、トイレットペーパーのことだ。日本で言うところの手紙はなんと言うかといえば、「信」または「書信」(shu1xin4)になる。

10、「結束」は終ること。
「地元住民が結束して、地域の子供たちを守らなければならない」のように、日本語の「結束」は「一致団結」の意味だが、中国語で「結束」(jie2shu4)は、終わる、終わらせる、けりをつけるの意味で普通に使われる。「団結」の意味はない。

いかがですか?面白いですか?
今日はここまで。おやすみなさい。

 

(2013年9月13日(金) 0:45)

前の記事

この記事を書いたコーチ

元・中国のラジオ局アナウンサー!丁寧な発音のコツを優しくレクチャー

誰でも楽しめる中国語スクール
李葉 (中国語)

京田辺・松井山手・京橋・新田辺・樟葉・枚方市

ブログ記事 ページ先頭へ