サイタ語学の習い事中国語教室大阪 中国語ふーめい スクールブログ 中国語学習の楽...

中国語学習の楽しみ

私が北京に留学していたころ、あらゆる本屋で村上春樹さんの「挪威的森林」が、
平積みされていました。

そう「ノルウェーの森」です。外国作品が、平積みされているのは、当時ではめずらしいことだったので、それほどのよい作品かとずっと心に引っかかってました。

月日はながれ、ふとした機会に「ノルウェーの森」の中国語版を手にすることができました。

読みました。じわっと感動したのを覚えてます。あまり小説とか読むのは好きではないのですが、読んでよかったと思いました。

そして、本屋に駆け込んで、日本語版の「ノルウェーの森」を立ち読みするのです。

自分の読解力を確認するのと同時に、日本語版、中国語版から、同じ作品を読み、感じ方の違いを実感する。

これって、外国語を学んだ人しか感じることができないですよね?

外国語を学ぶって、しんどいし、くじけそうになるけど、やっぱりその分、楽しみ方も増えて、
もっと学びたいって思えたら、それだけで十分ですよね。

 

(2013年7月15日(月) 11:35)

前の記事

この記事を書いたコーチ

プロとして観光通学を担当・北京への留学歴も。1日5分の勉強法から対応

新着記事

私が北京に留学していたころ、あらゆる本屋で村上春樹さんの「挪威的森林」が、 平積みされていました。 そう「ノルウェーの森」です。外国作品が、平積みされているのは、当時ではめずらしいことだったので、それほどのよい作品かとずっと心に引っかかってました。 月日はながれ、ふとした機会に「...

2、3か月前とは違い、日本では中国の鳥インフルエンザのニュースを見たり、聞いたりすることはなくなりました。 中国では、今も番組のコマーシャルに鳥インフルエンザの予防法が、放送されています。 その中では、強調したい言葉を文字にして、しかもピンイン入りなので、 とてもわかりやすくなっ...

 中国語を学びはじめのころは、 周りの日本語の漢字を見るのが、とても新鮮でした。  例えば、電車の駅名や、標識に書かれている漢字を 「中国語で読むとどうなるのかな?」と考えるようになったからです。  自分の住んでいる住所を中国語で言ってみるとか、 電車やバスの他の乗客の新聞記...

2012年7月1日は、香港が中国に返還されて15年目の日。 このころ、ネット関係の言葉が、 大量に出てきたことを思い出します。 例えばインターネット(互联网)、マルチメディア(多媒体)って、中国語でどのように訳せばいいのか。 今ほど、簡単にネットで答えの出ない時代だったので、 苦労し...

学生時代から始めた中国語。 会社勤め、出産、育児を経ても、ずっと続けてきました。 理由は「好きだから。」 好きなことだったら、自分がどんなに忙しくても、 必ずできます。 どんなに時間がなくても、1日5分でも、継続すれば、きっとレベルアップが図れます。 これは中国語だけに限ったことで...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、中国語レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ