全国5万人が受講している「サイタ」

中国語教室・中国語講座

中国語教室・中国語講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

語学の習い事中国語教室東京 日本人が教える中国語 スクールブログ パンクロックっ...

パンクロックって中国語で何て言うんだろうか・・・


コーヒーは中国語で書くと・・・

“咖啡”です。(ほぼそのまんま)


読み方としては敢えてカタカナ表記すると カーフェイ みたいな感じ。

これは明らかにCoffeeの音からもってきてますね。

じゃあパソコンを中国語にすると・・・

“电脑”!

これのよみかたは ディエンナオ みたいな感じ。

これは音じゃなく意味からつけられてますね。


こんな風に中国語の外来語は音からとったり意味からとったり

はたまた音と意味を兼ね備えてたりします。

兼ね備えてる有名な例は “可口可乐”(コカコーラ)で,

音も近いし,且つ意味としても「口にすべし!楽しむべし!」と,

なんとも上手いネーミング。


それから個人的に不思議なのがスターバックス。

これは“星巴克”と書いて シンバーケゥ みたいに読むんだけど,

前半の“星”はスターの意味からとって,後半の“巴克”はバックスの音から

とってる複合型。

う〜ん,日本語はカタカナで音からとるタイプが氾濫してるけど,

中国語はどうもそうでもない。

そんな視点で「この外来語は中国語でなんて言うの?」とやっていくと

グイグイ語彙が増えるかも。



因にロックは“摇滚”(意味からタイプ),
 →揺れて転がれローリングストーンズ!!みたいな雰囲気ですね

パンクは“朋克”(パンケゥ で音からタイプ)



 

(2013年6月8日(土) 9:17)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

中国パンクや現代小説が面白い!あなたの趣味を中国語で盛り上がる

ブログ記事 ページ先頭へ